TOP > 試合結果 一覧

【BOM】朝陽が伏兵PONちゃんに苦戦も判定勝利、名高は左ヒジ一撃で貫禄の初回KO=4.11第1部

2021/04/11(日)UP

朝陽が伏兵PONちゃんに苦戦も判定勝利

株式会社BOMプロモーション
『BOM ~ The Battle Of MuayThai 〜BOM WAVE04 – Get Over The COVID-19 –』【第1部】
2021年4月11日(土)神奈川・横浜大さん橋ホール

▼第12試合 BOM 56.5kg 契約3分5R(延長なし)(肘あり)
○朝陽・PKセンチャイジム(P.K.SAENCHAI MUAYTHAI GYM)
判定3-0 ※49-48、49-47、49-48
●PONちゃん(BRAVE Gym)

朝陽は強烈なミドル、左右フックでPONちゃんを攻める

 朝陽はWBCムエタイ世界スーパーバンタム級、ムエサイアム・イサーンバンタム級、ルンピニースタジアム認定スーパーバンタム級、MA日本フライ級など複数のベルトを獲得している日本のムエタイ界期待の新星。ONEの本戦出場の登竜門である『Road to ONE』では2戦2勝の実績を残し、今年2月にはONEチャンピオンシップとの契約が発表し話題を呼んだ。

 対するPONちゃんはタイ北部で王者となり、ルンピニースタジアムではトップランカーとして活躍。日本には2014年に来日し、現在はBRAVEジムでトレーナーをこなす傍らリングに上がり続ける。戦績は150戦以上と、歴戦のキャリアを誇る。

 1R、サウスポーに構えるのはPONちゃん。両者ロー、前蹴りで様子を見る中、リング中央に位置する朝陽が圧力を強める。左をボディから顔面へダブル、トリプルと放ち、長距離では右ボディストレート。ガードの上から右ハイをたたき込みプレッシャーをかける。

PONちゃんは朝陽の打撃を被弾しながらも手数を絶やさない

 2R、近づくPONちゃんを何度もこかす朝陽。左ボディから右ストレート、右ハイと強打で圧力をかける。しかし入り際に合わせられたPONちゃんの左ストレートを浴び尻餅。ノーダウンの裁定だったが、ダメージがあるのか、その後もヒジをつくシーンも。終盤にPONちゃんのヒジで朝陽が右側頭部を小さくカットする。

 3R、パンチの手数を増やす朝陽は左フック、右ストレートでPONちゃんを小さくグラつかせる。PONちゃんはタイミングのいい左ストレートで朝陽を牽制するが、朝陽は飛び込んで強い左ボディ、右ローを見せていく。

 4R、PONちゃんが圧力を強め前進。朝陽は強烈な左ボディをヒットさせるが、PONちゃんの前進は止まらず。ローから右フックで朝陽を襲う。朝陽はPONちゃんのローをキャッチし、何度もこかす。PONちゃんは前蹴りでプレッシャーをかけ、被弾もお構いなしに左右ストレートを返す。

朝陽は2RにPONちゃんのヒジで右側頭部をカット

 5R、朝陽が丁寧な左ジャブから右ストレートを上下に散らす。左ボディ、右ボディストレートでPONちゃんの腹を攻めると、PONちゃんは手数を出さずロープ際で右ジャブ。ローをカットしフットワークで回る流しに入る。朝陽は最後までワンツーから右ローで圧力をかけ続け試合終了のゴングを迎えた。

 思わぬ伏兵に苦戦を見せたが、朝陽がジャッジ3者の支持を集め勝利。辛勝ながらONE本戦参戦への弾みをつける勝利を勝ち取った。

▶︎次ページは、名高・エイワスポーツジムvsIBUKI BRAVERY戦

●編集部オススメ

・王者・吉成名高、石井一成のタイ人相手がコロナで入国できず、急遽変更

・石井一成のWBCムエタイ世界スーパーフライ級王座挑戦が決定、梅野源治がキヨソンセンとのリベンジマッチに挑む=4.11第2部

・吉成名高がWBCムエタイ世界フライ級王座に挑戦、竜哉、HIROYUKIら参戦決定=4.11第1部

・スアキム返上の王座トーナメントに健太が参戦、スアキムは引退説を否定

・【キック】美筋グラドル犬童美乃梨、ぱんちゃん璃奈相手に“人生初スパーリング”「頭使うけど楽しかった」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧