TOP > ニュース 一覧

【BOM】スアキム返上の王座トーナメントに健太が参戦、スアキムは引退説を否定

2021/03/04(木)UP

ベテラン・健太がBOM王座獲りに発進

 4月11日(日)横浜大さん橋ホールで開催される『BOM WAVE04 – Get Over The COVID-19』(二部制・第一部は11時開始、第二部は16時開始予定)の対戦カードが発表された。
 今大会では3階級でトーナメントの1回戦を行う。

 その中でもBOMスーパーライト級(63kg)王座トーナメントでは、スアキム・PKセンチャイムエタイジム(タイ)が、新型コロナウィルスの影響で防衛戦を行えないため返上した王座を争う。

チャンヒョン(左)を強烈ヒジ打ちでTKOし王座に就いたスアキム

 スアキムは19年12月のBOMにて、チャンヒョン・リー(RISE王者)との王座決定戦でダウンを奪われるも猛攻しTKO勝利で戴冠。母国でのムエタイ試合も休止しており、現在はこれが最後の試合となっている。

 なおBOM事務局によると「一部メディアでは、スアキム引退説が流れていますが、日本での試合は今後も出場すると本人も所属ジム会長は言っています」と引退説を否定している。

 返上された王座の決定トーナメントが4人で行われ、1回戦では健太(E.S.G.)vs晃希(Team SRK)、KJヒロシ(Y’ZD 豊見城ジム)vsNOBU BRAVELY(BRAVELY GYM)が対決する。

スーパーライト級Tに参戦の4人

 健太は長くNJKFをけん引してきた大ベテラン。試合間隔を空けずに戦うことでも知られており”月イチ健太”の異名も持つ。近年ではONEにも参戦し、世界の強豪と鎬を削った。
 前戦は2月のNJKFで、NKBライト級王者・髙橋一眞と61.3kg戦で対決。高橋の徹底したローキックやカーフキックをしのぎ切り、接近戦の有効打で判定勝利をもぎ取っている。

 対する晃希はUKFインターナショナルライト級王座他、いくつもの戴冠経験を持つベルトコレクター。昨年2月にもチームドラゴンの渡部翔太に3RKO勝利で、WMC日本スーパーライト級王座を勝ち取っている。
 健太を破り、新たなベルトコレクションに王手をかけられるか。

 もう一つのブロックでは、元WPMF世界暫定王者でKOS王者のNOBUと、RKA(琉球かきだみし協会)王者のKJヒロシが対決する。

ミドル級Tも開催

 また、BOMミドル級(72.5kg)王座決定トーナメントでは、喜多村誠(ホライズン・キックボクシングジム)vs大輝・FLYSKYGYM(FLYSKYGYM)、松島 勲也(MSJキックボクシングジム)vsJ(TSK japan)が1回戦で対決。

 元新日本キックボクシング協会ミドル級王者に長らく君臨していた喜多村は、70kg級ムエタイ路線のトップファイター。BOMミドル級1位につけてきた大輝は、この強豪相手に勝ち抜かなければベルトに手は届かない。

重いローキックを打ち込む喜多村

 もう一つのブロックではJ-NETWORKミドル級王者・松島が登場。松島は実家が教会のため“戦うクリスチャン”の異名を取り、昨年9月のHEATで元ラジャ王者T-98をTKOに切って落とすなど勢いに乗る。対するWMC日本スーパーウェルター級王者経験もある倒し屋・Jは、階級上のベルトまで辿り着けるか。

 さらに、WMC日本ライトフライ級(49kg)王座決定トーナメントの1回戦が、響貴・PKセンチャイジム(P.K.SAENCHAI MUAYTHAI GYM)vs中野伊織(ウォー・ワンチャイ プロモーション)、天馬(WSR西川口)vs阿部秀虎(鷹虎ジム)として行われる。

ライトフライ級Tは若手強豪が揃った

 昨年10月大会で、ラジャダムナン・ルンピニー統一王者・吉成名高相手に奮闘した阿部秀虎はじめ、若手のムエタイエリートたちが王座に挑む。

<対戦決定カード>
4月11日(日)『BOM WAVE04 – Get Over The COVID-19』横浜大さん橋ホール

▼WMC 日本ライトフライ級(49.00kg)王座決定トーナメント 1回戦 3分3R (延長あり)(肘あり)
響貴・PKセンチャイジム(P.K.SAENCHAI MUAYTHAI GYM)
vs
中野 伊織(ウォー・ワンチャイ プロモーション)

▼WMC 日本ライトフライ級(49.00kg)王座決定トーナメント 1回戦 3分3R (延長あり)(肘あり)
天馬(WSR西川口)
vs
阿部 秀虎(鷹虎ジム)
 
▼BOMスーパーライト級(63.00kg)王座決定トーナメント 3分3R (延長あり)(肘あり)
KJヒロシ(Y’ZD 豊見城ジム)
vs
NOBU BRAVELY(BRAVELY GYM)

▼BOMスーパーライト級(63.00kg)王座決定トーナメント 3分3R (延長あり)(肘あり)
健太(E.S.G.)
vs
晃希(Team SRK)

▼BOMミドル級(72.50kg)王座決定トーナメント 1回戦 3分5R (延長なし)(肘あり)
喜多村 誠(ホライズン・キックボクシングジム)
vs
大輝・FLYSKYGYM(FLYSKYGYM)

▼BOMミドル級(72.50kg)王座決定トーナメント 1回戦 3分5R (延長なし)(肘あり)
松島 勲也(MSJキックボクシングジム)
vs
J(TSK japan) 

●編集部オススメ

・スアキム、ダウン奪われるも大逆転TKO勝利、名高、梅野も初回KOで決める

・【RISE】引退宣言していたスアキムが復活、6月のビッグマッチに参戦決定

・【NJKF】健太が豪快連打で勝利、髙橋一眞のカーフキックをしのぎ切る

・那須川天心が難敵スアキムにTKO勝利、胴回し回転蹴りが炸裂

・那須川天心、ロッタンと「やれるならもう1回」再戦望む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧