TOP > 試合結果 一覧

戦慄の“17秒”KO!ハイキックで倒し、うずくまる相手にパウンドの嵐、マッキニーが連続秒殺KO葬=海外MMA

2021/05/01(土)UP

戦慄の17秒秒殺KO劇!パウンドを落とし続けるマッキニー(左)(UFC FIGHT PASS 公式SNSより)

 4月30日(金・現地時間)に米国オクラホマ州で開催された総合格闘技イベント『LFA 106』で、衝撃的な秒殺KO劇が起こった。
  セミファイナルのライト級ワンマッチ、テレンス・マッキニー(26=米国)とルイス・アントニオ・ロボ・ガビーニョ(37=ブラジル)の一戦。

 マッキニーは2017年10月にプロデビュー。これまで米国ローカル団体を主戦場とし今回がLFAデビュー戦だ。前戦となる今年3月の試合では開始16秒の秒殺KO勝利を飾っていた。プロMMA戦績8勝3敗。

 対するガビーニョは2012年からMMAデビュー。ジャングルファイト、KOTC、LFAなどの人気MMA団体を渡り歩くベテラン選手。アグレッシブなファイトスタイルで、現在3連勝と波に乗っている。MMA戦績10勝4敗。

 1R、開始すぐに圧力をかけるマッキニーは、ケージを背にするガビーニョの頭部に左ハイキック!ミドルの軌道で放った上段の蹴りが、ブロックをしようと体を縮めてしまったガビーニョの頭部を剃り上げるように当たる。

 蹴りの勢いで軸足を滑らせ尻持ちをついたマッキニーだが、素早い身のこなしで、倒れかけるガビーニョの脚を引き、倒れて亀になるガビーニョのバックに回りながら、パウンドの嵐。ガビーニョが頭を両手で抱えながら殴られ続けたところで、レフリーが試合を止めた。

 衝撃の結末で終わったわずか17秒の秒殺劇。2試合連続の秒殺KO勝利に、マッキニーは試合後、歓喜の雄叫びを上げた。

▶︎次ページ(動画)は、戦慄の秒殺KO劇!ハイキックで倒れ、うずくまる相手にパウンドの嵐

●編集部オススメ

・(動画あり)ポーランドで起きた壮絶ハイキックKO!“見えない蹴り”に崩れ落ち完全失神=海外MMA

・(動画あり)120kgヘビー級の怪物王者が無慈悲なパウンドKO! 顔面流血で意識もうろうに

・(動画あり)超危険なバスターKO!完全失神の相手に無慈悲なヒジ打ち追撃=海外MMA

・(動画あり)90kg超の巨漢が舞う戦慄の48秒“竜巻旋風脚”KO劇!「相手が壊されてる!」と驚愕の声

・(動画あり)スロバキア美女ムエタイ王者、わずか90秒のハイキック秒殺KO!相手は前のめり倒れ完全失神

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧