TOP > ニュース 一覧

90kg超の巨漢が舞う戦慄の48秒“竜巻旋風脚”KO劇!「相手が壊されてる!」と驚愕の声

2021/03/14(日)UP

90kg以上の巨漢が舞う戦慄の“竜巻旋風脚”KO!(UFC Fight Pass公式SNSより)

 3月12日(金・現地時間)に米国カンザス州ハッチンソンで開催されたムエタイイベント『LionFight 64』にて戦慄のKO劇が起こった。

 メインイベントとなった王者スティーブ・ウォーカー(米国)と挑戦者ブライアン・コレット(米国)の北米スーパークルーザー級(-95.2kg)タイトル戦。

 1R序盤、コレットの圧力でコーナーを背にするウォーカーだが、左ロー、左右のフックでコレットをぐらつかせると、続け様に強烈な左ハイキックをヒット。止まらないウォーカーは左右フックと左ハイで、コレットをリング中央まで押し戻し、飛び込みながら左ハイキック!
 すると、ロープを背にした満身創痍のコレットに対し、ウォーカーが一回転しての左ハイキックを炸裂!コレットが崩れる様にダウンし、レフリーがすぐさま試合を止めた。

 試合時間はわずか48秒。まるで『ストリートファイター』シリーズの代表的な必殺技、竜巻旋風脚を彷彿とさせる大技フィニッシュに、会場は大爆発。ウォーカーはこの勝利で、タイトル防衛とプロ9戦全勝をマークした。

 映像のコメント欄には「完璧なキックだ!」「美しすぎる!」「相手が壊されてる!」などの驚きの声が寄せられている。

 90kg以上の重量級の選手が放つ回転技の威力は想像を絶する。今回の様にまともにもらったら、立ち上がることはほぼ不可能なのかもしれない。

 

▶︎次ページ(動画)は、米国で起きた衝撃の竜巻旋風脚KOシーン

●編集部オススメ

・中東で起きた“体がくの字に曲がるバスター”失神KO劇「落とす角度がヤバイ!」と慄然の声(動画あり)

・【ボクシング】木が倒れるような衝撃KO、起き上がりに何度も転倒=WBO欧州王座戦(動画あり)

・全米人気の素手ボクシング大会で、わずか3秒の瞬殺KO劇!(動画あり)

・まるでマンガだ!“素手ボクシング”の衝撃KOシーン、カメラ目前で選手が崩れ落ちる(動画あり)

・山崎秀晃が愛鷹亮にスパーでKOされる映像公開「寿命が10年縮まった」(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧