TOP > 試合結果 一覧

UFC驚異の新人マッキニー、初戦でいきなりライト級史上最短の7秒殺KO!4戦連続の秒殺KO記録も

2021/06/14(月)UP

7秒殺KO勝利を飾ったUFC驚異の新人マッキニー(UFC公式SNSより)

 6月13日(日・日本時間)に米アリゾナ州グレンデール・ヒラ・リバー・アリーナにて開催された『UFC263』にて、UFCデビュー戦の選手が衝撃のKO劇を見せた。

 プレリムのライト級マッチのテレンス・マッキニー(26=米国)とマット・フレヴォラ(31=米国)の一戦。

 試合の結末は開始すぐに訪れた。両者が前手の拳をタッチさせた直後、サウスポー構えのマッキニーの右ジャブから左ストレートがクリーンヒット!倒れたフレヴォラにすかさず、マッキニーが数発の鉄槌を落としたところで、レフェリーが試合を止めた。

▶︎【動画】UFC驚異の新人マッキニーが、ライト級史上最短の7秒KO!

 試合時間はわずか7秒間の衝撃的な結末。これはUFCライト級では史上最短のKO記録で、全体では史上3番目だ。

 しかし、華々しいUFCデビュー戦勝利を飾ったマッキニーは、試合前から驚きの数字を持っていた。マッキニーは6月5日の『LFA109』に出場しており、実は今回は、試合間隔がわずか8日間での出場だった。

 さらに驚くべきことに、マッキニーはこれで、4試合連続の秒殺KO勝利。19年に2連敗したマッキニーは昨年試合無しのブランクから、今年は3月から立て続けに試合をこなし、初戦は16秒、2戦目は17秒、3戦目は72秒と、驚異的なスピードで相手をなぎ倒してきた。

 今回の華々しい勝利に、UFC史上最短KO記録(19年7月のベン・アスクレン戦、飛びヒザ蹴りで5秒KO)を持つ、ホルヘ・マスビダルが自身のツイッターで「So Close!(危なかったー!)」と、自分の記録が破られずにすんだ安堵とマッキニーへの賛辞を意味したコメントを送っている。

 一躍注目を集めたマッキニーはMMA戦績113敗で、そのどれもがフィニッシュ決着。これからの活躍が期待できる選手だ。

▶︎次ページ(動画)は、UFC驚異の新人マッキニーが、ライト級史上最短の7秒KO!

●編集部オススメ

・(動画あり)120kg vs.136kgの韓国巨漢対決で大の字ダウンの失神KO劇!ど迫力な殴り合いに「どれで倒れたか分からない」と驚きの声=海外MMA

・(動画あり)メキシコ人気のセクシー覆面美女レスラーがムエタイ女王に“顔面崩壊ボコボコ”KO負け、初黒星に茫然自失=海外MMA

・(動画あり)”スーパーモデル級”ロシア美女戦士、衝撃の失神KO劇に「ベラトールに超絶ビューティーの誕生!」と僅か2日間でSNSフォロワーが6万人急増

・(動画あり)ロシア軍隊格闘技世界王者、衝撃の“見えない”アッパーカットKO!一撃で無敗対決を制す=海外MMA

・(動画あり)衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧