TOP > 試合結果 一覧

【海外MMA】米国で再起戦の石原夜叉坊が“裸絞め”で失神の一本負け、痛恨の5連敗に=FURYFC

2021/07/26(月)UP

石原夜叉坊が“裸絞め”で失神の一本負け@UFCFightPassより

 7月25日(日本時間)に米国テキサス州ヒューストンで開催された総合格闘技(MMA)イベント『FURY FC 48』に出場した元UFCファイターの石原夜叉坊(30=KING OF FREE)が一本負けした。

 石原は大会のコーメインイベントでCage Fury FCバンタム級王者のレビ・モールズ(26=米国)と対戦。当初、バンタム級(135ポンド/61.2kg)で行う予定だったが、モールズが前日の計量でパス出来ず、137.8ポンド(62.5kg)のキャッチウェイトで戦うこととなった。

 試合は石原はサウスポー、モールズがオーソドックスの構え。開始早々からお互い組み合うが、離れ際に石原の左三日月蹴り、左ハイキック、左ストレートがヒット!モールズが石原のスピードについていけない様子。石原は続けて、左三日月蹴りと左のインローを放つと、これもモールズはカットできず。

 石原の動きが冴える出だしだったが、石原はケージレスリングからモールズに簡単にバックテイクを許してしまう。
 4の字ロックで逃げられない状態で、一気にピンチに陥った石原。落ち着いた様子のモールズは右腕を石原の首元に滑り込ませ、リアネイキッドチョーク。石原は片手でモールズの腕を剥がそうとするが万事休す。石原がタップせずに気を失ったことを確認したレフェリーが試合を止めた。

 1R2分44秒、石原がリアネイキッドチョークで一本負けを喫した。今年1月の修斗開幕戦で、2年ぶりに戦いの舞台に戻ってきたが、元修斗環太平洋王者の祖根寿麻に判定負け。今回の再起戦に復活の期待がかかったが、これで5連敗となった。

▶︎次ページ【動画】は、石原夜叉坊が裸絞めで極められる衝撃シーン、序盤の鋭い蹴りで圧倒する映像も

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・石原夜叉坊、米国での再起戦が決定! CFFC王者と激突「スーパーなヒーローになる!」=7.25

・【テレビ】柔道 『東京2020オリンピック』TV生中継・放送・ネット配信情報=7.24〜7.31(東京五輪柔道)

・【海外MMA】まさに斬って落とす秒殺ギロチンチョーク葬!失神後の無慈悲な投げ捨てに騒然

・【海外MMA】強烈な一撃で相手が失神ダウン!しかしレフェリーは試合を止めない、すると選手がまさかの“珍行動”に=ロシア

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧