TOP > 試合結果 一覧

【DEEP】木戸脇広樹が判定勝利で本戦出場アピール「東京でも大阪でも行く」=7.25名古屋

2021/07/27(火)UP

吉田陸が判定勝利(C)DEEP NAGOYA

▼第5試合 DEEPバンタム級 5分2R
〇吉田陸(スプラッシュ)
判定2-1 ※19-19×2(マスト:吉田)、19-19(マスト:風我)
●風我(フリー)

タックルを耐える吉田(C)DEEP NAGOYA

 3月のフィーチャーキングトーナメントを制した風我と、キャリア1戦でRIZINに参戦した極真カラテ出身のシンデレラボーイ・吉田陸が対決。

 1R、風我はシングルレッグへ。これに耐えた吉田に対して、風我がバックに回る。チョークに入ると、吉田が体を回して外す。ガードの吉田。上からパウンド攻撃の風我。スタンド勝負となり、吉田がカーフ、バックキックを放つ。組み合いとなる両者。風我はコーナーへ押し付けてテイクダウンを狙うが、一度、離れる。蹴りからシングルレッグで組み付く風我。吉田の右フックでふらつく風我は、シングルレッグでテイクダウンを狙う。ここで吉田が耐えて、ヒジを落とす。風我がバックに回ったところで、ラウンド終了。

 2R、組み付いた風我は、バックに回る。テイクダウンに成功。ガードの吉田。1Rと同じような展開となる。風我が吉田の打撃で鼻から出血。スタンドで組み付く風我。吉田はヒジを落とすが、風我は離さない。大きな展開がなく、試合終了のゴング。判定勝負となり、打撃のポイントが支持を受けたのか吉田が勝利をものにした。


高田翔平が判定勝利(C)DEEP NAGOYA

▼第4試合 DEEPバンタム級 5分2R
〇高田翔平(GSB MACS)
判定3-0 ※20-18×3
●野木崇政(禅道会 駒ヶ根道場)

上から攻める高田(C)DEEP NAGOYA

 オールラウンダーの高田翔平と空手をベースにMMAに挑戦する野木崇政の対戦。

 1R、野木がジャブからローキック。高田がカーフ、野木も同じ技で返す。蹴りに合わせた野木が組み付いて投げを狙う。崩れた形で高田が上になり、野木がクローズドガード。上からパウンド攻撃の高田。野木も下から鉄槌を返す。足をとって、ひっくり返した野木。スタンドから再開したところで、ラウンド終了。

 2R、ダブルレッグに入る野木。これを潰した高田は、ロープに押し込んで投げてテイクダウンに成功する。ガードの野木に、パウンド攻撃の高田。下から鉄槌の野木。高田はパスを狙い、ハーフに。ヒジを落とす高田。野木もヒジを返し、試合終了。判定3-0で高田が勝利を収めた。


 大会途中で伊藤裕樹がリングインし、タイトルマッチが決まったことを発表した。マイクを握った伊藤は、「明日、発表になるんですが、9月23日のDEEP後楽園大会で、藤田大和選手とフライ級タイトルマッチをすることが決定しました。ベルトを持って帰ってきます!」と宣言した。

▶︎次ページは銀・グラップリングシュートボクサーズジムvs加藤優也、高田翔平vs野木崇政、今井健斗vsオサモ リチャードソン、山岸勇真vs原太一

●編集部オススメ

・【DEEP】王者・藤田大和がかつて敗北した伊藤裕樹を挑戦者に迎える、大原樹里は小金翔と対戦、メガトン級で誠悟とSAINTが激突=9.23

・【テレビ】ボクシング『東京2020オリンピック』TV生中継・放送・ネット配信情報=7.24〜8.8(東京五輪ボクシング)

・【海外MMA】何と“寝た状態からのかかと落とし”失神KO劇!試合に向けた映像公開に「完璧なタイミング、これは回避不可能」と驚きと絶賛の声

・【海外MMA】まさに斬って落とす秒殺ギロチンチョーク葬!失神後の無慈悲な投げ捨てに騒然

・【タイヤファイト】華DATEが筋肉コンテスト優勝の異色の女子ファイターと対戦決定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧