TOP > 試合結果 一覧

【五輪柔道 女子】田代未来が2回戦敗退、増地監督「いつもの動きではなかった」次は31日の団体戦へ

2021/07/27(火)UP

田代未来

 27日(火)、東京オリンピック女子-63kg級では五輪2度目の出場の田代未来(27=コマツ)が2回戦で17年の世界選手権3位のアガタ・オズドバに(ポーランド)に一本負けを喫した。

【動画】増地監督、田代の今回の試合、試合後の現在の状況を語る(動画時間:2分29秒)

 田代は初戦の1回戦で内股で技ありを奪い優勢勝ちで良い滑り出しを見せたが、2回戦で小内巻き込みで投げられ背中をつき一本負け。わずか1分52秒だった。
 田代は16年のリオ五輪では5位の悔しさを胸に成績を上げてきた。国際大会のグランドスラムでは17年の東京大会で初優勝、以降、今年3月のグランドスラム・タシケントまで5つの金メダルを獲得。世界ランキング3位に上げていた。対するオズドバは世界ランキング21位。今年5月の柔道国際大会『グランドスラム・カザン』で優勝し勢いに乗っていた。

19年の世界選手権の男女混合団体戦で優勝した日本チーム。中央の大野将平に左は芳田司、右は明日出場する新井千鶴

 普段なら勝てる相手とされていた。増地監督は「小内巻き込みには警戒していたが少し上体に力が入り過ぎで足が動かなかった。そこが敗因。いつもの田代の動きではなかった。オリンピックにかける気持ちが強い分、かなりプレッシャーがあったのかなと思う。ただ団体戦(男女混合・31日)の方にもエントリーしているので、この3日間で持ち直して、チームのために貢献させたい」と語った。

 団体戦でこの悔しさをぶつけ、金メダルを獲得してほしい。

▶︎次のページは【動画】増地監督、田代の今回の試合、試合後の現在の状況を語る(動画時間:2分29秒)

●編集部オススメ

・渡辺華奈は、柔道時代に練習した田代未来を応援

・【テレビ】柔道 『東京2020オリンピック』TV生中継配信情報

・【五輪柔道】大野将平、決勝戦で9分超える死闘に「何が何でも我慢して勝ってやるという気持ちでした」

・【写真13枚】渡辺華奈のビキニも”ムキムキ”マッスル計量写真集

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」、「」、「」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧