TOP > 試合結果 一覧

【海外MMA】KO率100%の新人怪物ピーターソン、120kg現役警官ファイターを“62秒殺”KO、プロデビュー1年半でヘビー級王者に=LFA/米国

2021/08/01(日)UP

KO率100%の新人怪物ピーターソン、120kg現役警官ファイターを“62秒殺”KO@LFAfightingより

 7月31日(日本時間)に米国テキサス州ベルトンで開催された総合格闘技(MMA)イベント『LFA 113』メインイベントのヘビー級王座決定戦で、KO率100%の新人怪物トーマス・ピーターソン(26=米国)が、現役警官ヴァーノン・ルイス(37=米国)から初回KO勝利を飾り、見事新王座を獲得した。この結果、ピーターソンは5戦全勝で全て1R KO勝利。プロデビューわずか1年半でLFAヘビー級王者のベルトを手にした。

 ピーターソンはカレッジ時代に全米優勝経験を持つレスラー。19年12月にMMAプロデビューすると4戦無敗の快進撃。その全てを初回KO勝ちで収めている。100%のKO率でわずか1年半で今回のタイトル戦に挑む怪物だ。

 対するルイスは37歳の現役警官ファイター。10年にプロデビューし、14年のLgacy FC36でヘビー級タイトルに挑戦の経験を持つ。戦績は8勝5敗で2連勝中。

 前日計量でピーターソンが110kg、ルイスが120kgの巨漢対決。試合は、ピーターソンがジリジリと圧力をかける中、ルイスはサークリングし自分の間合いを保とうとするが、ピーターソンの右左のワンツーがルイスの顔面に直撃!倒れたルイスにピーターソンが追撃すると、一瞬立ち上がろうとするルイスだったが、ピーターソンが再びバックからパウンドの嵐。試合開始わずか62秒で、レフェリーが試合を止めた。

 この怪物、LFAでこれから防衛を重ねていくだろうが、更なる大舞台への参戦に期待したい。

【勝者 選手データ】(2021年8月1日現在)


トーマス・ピーターソン(26歳・Thomas Petersen・米国)
身長185cm、階級:ヘビー
戦績:5(5KO)無敗(TAPOLOGY参照)

▶︎次ページ【動画】は、KO率100%の新人怪物ピーターソン、120kg現役警官ファイターを“62秒殺”KO!

●編集部オススメ

・【海外MMA】“ドラゴンボール悟空パンツ”を履いた怪力選手が“スーパーサイヤ人”化!?強烈スラムで相手の肩を破壊=LFA/米国

・【ベラトール】無敗サラブレッド・マッキーがピットブルを衝撃のギロチン葬!2本のベルトと優勝賞金1億1千万円を奪取=フェザー級WGP決勝

・激痛アクシデント!ヒジが逆方向にグニャリ、無敗のロシア新星に起きた悲劇=ACA

・”瞬速”カウンターフックで沈め、豪快な鉄槌攻撃でTKO「まるで釘を打つハンマーだ」と驚きの声=海外MMA

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧