TOP > 試合結果 一覧

【UFC】ストリックランドが空手家ホールに完勝、鋭いジャブが両まぶたを腫れさせ寝技でも優勢

2021/08/01(日)UP

鋭いジャブを放つストリックランド(©Getty Images/UFC)

WME-IMG
『UFCファイトナイト・ラスベガス33』
2021年8月1日(日・日本時間)米国ネバダ州ラスベガス/UFC APEX

▼ミドル級マッチ
●ユライア・ホール(ジャマイカ)
判定0-3 ※44-50, 45-50, 46-49
○ショーン・ストリックランド(米国)

真っ向勝負する空手家ホール(©Getty Images/UFC)

 ホールは元ROC(Lou Neglia’s Ring of Combat)ミドル級王者で、現在UFCミドル級ランキング8位。MMA通算成績は17勝9敗。師は1979年の極真第2回世界大会に熊殺しウィリーと共に全米代表で出場したダニエル“タイガー”シュルマン。
 ホールはそのジムで腕を磨き、15年にはケガール・ムサシの顔面に極真譲りのバックスピンキックをヒット、そして飛び膝蹴りでKO勝利したことから話題に。前戦となる今年4月のクリス・ワイドマン戦では、ワイドマンが放ったカーフキックが、ホールのカットによりワイドマンのスネの骨は完全に折れてしまった。現在、4連勝中。
▶︎【フォト3枚】ストリックランドの強打がホールの顔面を強襲!

ストリックランドが5連勝を飾った(©Getty Images/UFC)

 対するストリックランドは元KOTC世界ミドル級王者で、現在はUFC同級11位。18年10月から約3年間負けなしの4連勝と波に乗っている。MMA戦績は23勝3敗。

 試合は1R、両者ともにオーソドックス構え。近い距離で戦う両者。パンチの手数が多いストリックランドに対し、ホールは下がり気味。ストリックランドの鋭いジャブを中心としたボクシングにホールは序盤から苦しむ。

 2R、圧力を掛け続け、ボクシング勝負で優位に立つストリックランドが試合をコントロール。ここでもストリックランドのノーモーションのジャブが、ホールにダメージを与え続ける。

 3R、リズムが出て手数が増えてきたホールだが、ストリックランドにテイクダウンを許し、バックを取られパウンドを何発も受けてしまう。立ち上がるも、再びテイクダウンを奪われるホール。ここでもバックを取られ、防戦一方の状態。

4Rと最終5R、前進するホールだが、試合の主導権を握るのは、鋭いジャブを的確に当てるストリックランド。ジャブを被弾したホールが少しでも崩れると、ストリックランドはテイクダウンし、ホールを削っていく。多くのジャブを被弾したホールの両目まぶたが腫れ上がったのが目立つ。

結果は、大差の判定(50-44, 50-45, 46-49)でストリックランドが完勝し、連勝を5に伸ばした。

▶︎次ページ【フォト3枚】はストリックランドの強打がホールの顔面を強襲!

●編集部オススメ

・【UFC】カーフキックで自爆骨折、ホワイト社長投稿の衝撃動画に100万回再生も、否定的な意見と様々な反響

・【ベラトール】無敗サラブレッド・マッキーがピットブルを衝撃のギロチン葬!2本のベルトと優勝賞金1億1千万円を奪取=フェザー級WGP決勝

・【UFC】元王者ディラショーが2年半ぶり復帰戦に勝利、2位サンドヘイゲンを下し「主役が帰ってきたぞ」とタイトル挑戦を要求

・【UFC】“最強女王”ヌネス、まさかのコロナ陽性で8月予定の防衛戦は消滅

・【UFC】驚異の14連勝の絶対王者ウスマン、コビントンとの再戦は11月か=ホワイト社長発言と米報道

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧