TOP > ニュース 一覧

【UFC】“最強女王”ヌネス、まさかのコロナ陽性で8月予定の防衛戦は消滅

2021/07/30(金)UP

“最強女王”ヌネス、まさかのコロナ陽性者に

 UFC女子史上初の2階級制覇王者で“最強女王”の称号を持つアマンダ・ヌネス(32=ブラジル)が、新型コロナウィルスの陽性反応が確認されたと、米スポーツメディアESPNなど複数の海外メディアが29日に報じた。

 ヌネスは8月8日(日本時間)に米国ヒューストンで開催される『UFC265』にて、自身の6度目の女子バンタム級の防衛戦で、同級6位のジュリアナ・ペーニャ(31=米国)と対戦する予定だった。

 ESPNがUFC関係者に取材したところでは、これにより、この対戦カードはキャンセルとなり、延期の時期は未定となっているという。
 
 また、ヌネスの具体的な症状は明らかになっていないが、共に暮らしている、同性パートナーで同じくUFC女子選手のニーナ・アンサロフ(現在はニーナ・ヌネスと選手名登録)と、二人の第一子もコロナ陽性者だという。

 ヌネスはこれまでロンダ・ラウジー、クリスチャン・サイボーグ、ホリー・ホルム、ミーシャ・テイトといった王者、元王者を1ラウンドで退けてきた“最強女王”。今年は、3月の「UFC259」にて所持するもう一つの王座のフェザー級で、挑戦者のミーガン・アンダーソンから初回一本勝ちを飾り、2度目の防衛に成功した。現在UFCで12連勝中。

 果たして、ヌネスの年内の復帰はあるのか。早期の回復が期待される。

▶︎次ページ【動画】は、“最強女王”ヌネスの壮絶フィニッシュシーン!「パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト」を受賞したハイライト映像集

●編集部オススメ

・【UFC】“最強女王”アマンダ・ヌネス、裸絞め一本勝ちのペーニャと8月にバンタム級防衛戦へ

・【UFC】“最強女王”ヌネスが圧倒の初回一本勝利、愛娘の前でV2達成

・【UFC】復帰戦で勝利した元王者ディラショー、膝じん帯断裂で手術へ

・王座戦でダウンしたノーガードの相手に15発ものパウンドTKO葬、レフェリーストップの遅さが課題に=NCF/ブラジル

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧