TOP > 試合結果 一覧

【海外MMA】レフェリーストップの遅さに非難集中、強烈フックに大の字ダウン、“不必要”な鉄槌で完全失神=Lux/メキシコ

2021/08/07(土)UP

不必要な鉄槌!?レフェリーストップの遅さに非難が集まる@Grabaka_Hitmanより

 8月7日(日本時間)にメキシコ・ティフアナで開催された総合格闘技(MMA)イベント『Lux Fight League 15』のバンタム級マッチでホセ・ロウラ(メキシコ)が、エイブラハム・ナヴァ(米国)からKO勝利を飾ったが、そのレフェリーストップの遅さに非難が集まっている。

【動画】は、強烈フックに大の字ダウン、“不必要”な鉄槌で完全失神

 ロウラは15年にプロデビューし、昨年からLuxに参戦。現在2連勝と波に乗る。
 対するナヴァはプロ3年目でメキシコのローカル団体で3戦無敗。

 試合は3R中盤、ゆっくりと圧力をかけるロウラに対し、ナヴァがジャブ、組みつくが、ロウラは微動だにしない。ロウラがヒザ蹴りを当て、絶好のパンチの距離になった瞬間、ロウラの右フックが炸裂!

 ナヴァは後方に大の字でダウン。意識も朦朧とした状態であるにも関わらず、なぜかレフェリーはすぐに試合を止めず。そしてロウラが鉄槌を3発も叩き落とし、ナヴァが完全に失神すると、ここでようやくレフェリーが試合を止めた。

 3R2分35秒のロウラのKO勝利となったが、公開された映像のコメント欄には、「この遅さは恐ろしすぎる」「レフェリーの立っている位置が悪すぎる」「気絶させた最後の鉄槌はいらない」などレフェリーのストップの遅さに非難が集中した。

 MMAの世界的人気に伴い世界各国でMMAイベントを開催する中小のプロモーターの数も増えているが、選手の競技レベルに関わらず、審判、医師などオフィシャル側はしっかりした体制が必要だ。安全で余計なダメージを受けない競技向上を目指してほしいところだ。

【勝者 選手データ】(2021年8月7日現在)

ホセ・ロウラ(33歳・Jose Roura・メキシコ)
階級:バンタム
戦績:4(1KO2一本)1敗(TAPOLOGY参照)

▶︎次ページ【動画】は、強烈フックに大の字ダウン、“不必要”な鉄槌で完全失神

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・2度のダウンを奪う54秒殺KO!アマ世界王者が10戦無敗の新鋭を一蹴=BRAVE/イタリア

・【テレビ】空手『東京2020オリンピック』TV生中継・放送・ネット配信情報=8.5〜8.7(東京五輪空手)

・何と相手のバックスピンキックに一撃のカウンターKO劇!コンマ数秒の明暗に完全失神=海外MMA

・メキシコ人気のセクシー覆面美女レスラーがムエタイ女王に“顔面崩壊ボコボコ”KO負け、初黒星に茫然自失=海外MMA

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧