TOP > 試合結果 一覧

【UFC】“レスリングエリート”ブランソンが裸絞め一本で5連勝、ミドル級王者アデサニヤにタイトル挑戦を要求

2021/09/05(日)UP

ティルから一本勝ちで5連勝を飾ったブランソン(左)(©Getty Images/UFC)

 9月5日(日・日本時間)に米ネバダ州ラスベガス/UFC APEXにて開催されたUFCファイトナイト・ラスベガス36』メインイベントのミドル級マッチにて、同級5位のデレク・ブランソン(37=米国)が、同級7位のダレン・ティル(28=英国)にリアネイキッドチョーク(裸絞め)による一本勝ちを決めた。

▶︎【動画】“レスリングエリート”ブランソンがテイクダウンから裸絞め一本勝ち!

 ブランソンは大学時代NCAAディビジョン2でオールアメリカンに3度選出されたことのあるレスリングエリート。過去ユライヤ・ホールやリョート・マチダらトップランカーに勝利したこともある実力者で、現在4連勝中。今年3月の前戦では、それまで5連勝と登り調子だったケビン・ホランドを判定で退けた。

ムエタイ・キックベースのストライカー、ティル(左)も反撃(©Getty Images/UFC)

 対する同級7位のティルはキック・ムエタイをベースにするストライカー。15年からUFCにウェルター級で参戦し、18年9月には当時王者だったタイロン・ウッドリーとのタイトルマッチに挑戦。19年からミドル級に転向し、トップランカーのケルヴィン・ガステラムに勝利した。

 試合は1Rと2R、ブランソンが得意のテイクダウンからのグラウンド&パウンド攻撃でティルを圧倒。3R中盤、ティルがローキックとパンチラッシュでブランソンを一瞬ぐらつかせたが、ブランソンが反撃のテイクダウン。マウントポジションを奪うと怒涛のパウンド。殴られるのを嫌がり背を向けたティルのバックを取り、リアネイキッドチョークを極めた。

試合後、王者アデサニヤに挑戦状を叩きつけたブランソン(©Getty Images/UFC)

 3R2分13秒、ブランソンが一本勝ちで5連勝を飾った。ブランソンは勝利コメントで、3年前に初回KO負けを喫した現ミドル級王者のイズラエル・アデサニヤの名前をあげ、タイトルマッチを要求した。

 挑戦状を叩きつられたアデサニヤは大会後に自身のSNSで「冷静になれ、オマエはまだ格下だ」と、ブランソンに辛辣なメッセージ。果たして、ブランソンのベルトがかかった雪辱戦は実現するのか。

▶︎次ページは【動画】“レスリングエリート”ブランソンがテイクダウンから裸絞め一本勝ち!

●編集部オススメ

・UFC全勝チカゼが“怒涛ラッシュ”で圧巻KO!強敵バルボーザとのストライカー対決を制す

・戦慄のハイキック“17秒殺”KO劇、強烈な一撃に吹っ飛ぶ相手に「一生分のダメージを受けたんじゃないか」と驚愕の声=UFC

・【UFC】“坊主頭美女”王者ナマユナスと“中国最強女子”ジャンとのダイレクトリマッチがニューヨークMSG大会に決定=11.6

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧