TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】ジョシュアまさかの敗退、ウシクが新3団体王者に! 前人未到の2階級4団体統一まであと1つ(試合結果)

2021/09/26(日)UP

【ボクシング】ジョシュアまさかの敗退、ウシクが新3団体王者に! 前人未到の2階級4団体統一まであと1つ(試合結果・速報)

ウシクがジョシュアからヘビー級3団体のベルトを奪取!(c)DAZN

 9月26日(日本時間)に英ロンドンにて世界3団体(WBAスーパー、IBF、WBO)ヘビー級王者アンソニー・ジョシュア(31=英国)に元4団体統一クルーザー級王者オレクサンドル・ウシク(34=ウクライナ/WBO1位)が判定3-0(117-112、116-112、115-113)で勝利。ヘビー級3団体のベルトを手にし、前人未到の2階級4団体制覇までWBC同級王者のタイソン・フューリーを倒すのみとなった。

【フォト&動画】ウシクの猛攻、ジョシュアが被弾で後退、激闘シーン

 互いにロンドン五輪金メダリスト対決、ヘビー級に階級を上げ3戦目のウシクはオッズ予想では不利だった。しかし、その予想を覆すかのように、サウスポーのウシクは試合開始から左ストレートを序盤からヒットさせジョシュアの顎を上げた。ウシクは頭を左右に振りジョシュアのパンチを当てさせず、ウシクの勝ちがあるのではと思わせた。
 ジョシュアはジャブは当たらず、右はかすめるもクリーンヒットに至らなかった。3Rもウシクが左フックを当てジョシュアをややぐらつかせ、4Rもウシクの左がヒット。前半ラウンドはほぼウシクのペースで進む。

 しかし、5R、6Rとジョシュアの右が冴え、ストレート、フックとヒットしウシクがバランスを崩す場面も。ジョシュアはさらにボディにもヒットさせ反撃。

判定はウシク!(c)DAZN

 7R、ジョシュアは変わらず攻めていくが、ウシクのパンチもヒット。ウシクの左ストレートで大きく後方にバランスを崩すジョシュア。
 9Rにはジョシュアの連打でウシクがクリンチする場面、10Rにはジョシュアのアッパーがヒットする場面もあったが、ウシクは右ジャブから左をうまく当て徐々にジョシュアの右目あたりが腫れ始める。
 以降もジョシュアは挽回しようと攻めるもウシクがうまくかわし連打で反撃するなどウシクがペースを握る。

 最終12Rは序盤からアグレッシブに攻めるウシク、ジョシュアのパンチに顎が上がるシーンもあったが、ウシクが積極的に攻め、パンチが右、左とヒットすると、ジョシュアは後退。ロープを背に何とかパンチをかわしたが、パンチが効いている印象だった。終了のゴングが鳴りジョシュアはガッツポーズを決めたが、勝利は判定でウシクが差をつけ勝利。
 その瞬間、ウシクは感極まって涙、観客席からウクライナの旗を振るファンらが祝福した。

▶︎次ページは【フォト&動画】ウシクの猛攻、ジョシュアが被弾で後退、激闘シーン

●編集部オススメ

・【ボクシング】王者ジョシュア、ヘビー級とは思えないバキバキの肉体で計量パス、体重を落としウシク戦に備える

・“最強遺伝子”を持つ17歳女子高生ファイターが壮絶KO勝利、相手の顔面にヒジ&パウンド連打=ONE

・“ラウンドガール是非”論争、皇帝ヒョードルがまさかの参戦!?「もう少し肌の露出を抑えた方が」

・“剣道女子”が美ボディを披露、ビキニで筋肉コンテスト初優勝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧