TOP > 試合結果 一覧

【パンクラス】小川徹が過去2敗の上田将竜を下し暫定王座初防衛、端貴代と菊入正行が暫定王座獲得

2021/10/17(日)UP

井村が三角絞めでムラタを極め切り6連勝全フィニッシュを達成

▼第6試合 バンタム級 5分3R
○井村 塁(Nexusense/同級4位、2020年NBT同級優勝・MVP)
一本 1R2分11秒 ※三角締め
●ジェイク・ムラタ(パラエストラTB/Fighting Nexus/ZST第3代バンタム級王者)

 プロ戦績5戦5勝(1KO4S)という驚異の新人・井村。5つのフィニッシュ勝利のうち4つは1Rで決める驚異の決定力の持ち主でもある。ZST王者・ムラタを相手に真価が問われる。

井村はタイトル挑戦に名乗り上げた

 前に出るムラタに井村がカウンターの左フックをヒット。ぐらついたムラタにパンチで追撃しダウンを奪う。倒れたムラタはパウンドを仕掛ける井村を引き込み上を取るが、井村は流れるように三角絞め。そのままムラタの首を絞め切り、わずか2分で井村がZST王者を粉砕し、連続フィニッシュ記録を6に伸ばした。

 井村はマイクを握ると「結構練習していたことがそのまま出せて良かった。ZSTのチャンピオンを倒したので、次暫定戦いかがでしょうか」とタイトルマッチに名乗りを上げた。


一本勝ちで連勝を飾った狩野

▼第5試合 フェザー級 5分3R
●名田英平(総合格闘技道場コブラ会/同級8位、2019年NBT同級優勝)
一本 1R4分56秒 ※バックチョーク
○狩野 優(TRIBE TOKYO M.M.A/同級9位、2020年NBTライト級優勝)

 現在パンクラスでは5連勝と波に乗る名田。愛する狩野は6月にPFC王者・林優作から一本勝ちを奪う快勝を収め、こちらも勢いがある。

 開始早々、名田の右ローがサウスポーの狩野の下腹部に入り試合中断。再開後、狩野の左ローをキャッチした名田がテイクダウンを奪い上を取る。名田が狩野をケージに押しつけパウンド。立ち上がり頭から押し込む狩野へさらにパウンドを落とすが、狩野はスクランブルからバックをとりチョーク。ラウンド終了4秒前に決めきり一本勝ちを勝ち取った。


ZST王者・平が復活の勝利

▼第4試合 ライト級 5分3R             
●高橋“Bancho”良明(パラエストラ八王子)
TKO 2R4分14秒 ※右フック
○平 信一(綱島柔術/ZST/ZST第2代ライト級王者)

 直近3年で2戦のスローペースでのキャリアながら、現在3連勝中の高橋。対するZST王者・平は6月に丸山数馬に敗れパンクラス2連敗。高橋がゆっくりとしたペースで勝利を重ねるか、平が復活の狼煙をあげるか。

 至近距離でフック、ヒザを交換する両者。高橋が内股からテイクダウンを奪うも、柔術家・平は体を入れ替え攻めさせない。2R終盤にケージ際での打ち合いから、平が右のロングフックを直撃。崩れ落ちた高橋を見たレフェリーが試合を即座にストップし、平が一撃KO勝利を収めた。


KARENが4連勝を飾りタイトル挑戦に名乗り

▼第3試合 ストロー級 5分3R
○KAREN(PRAVAJRA/プラヴァージュラ/同級1位)
TKO 1R1分39秒 ※右ヒジ
●新谷琴美(チーム エージェント)

KARENはフットワークからの蹴り技で新谷を牽制

 KAREN(華蓮DATEより改名)は、謎のインド武術集団『Team DATE』の武術4姉妹として活動していたが、今年6月に法DATE(現:NØRI)と共にTeam DATEを退団し、武術姉妹を脱退。そしてDARANI氏(元DARANI DATE)が代表の新チーム「PRAVAJRA/プラヴァージュラ」の所属となった。2019年12月のMMAデビュー以来3連勝で、前戦は今年6月でベテラン選手のEDGEにパウンド連打からのレフェリーストップでTKO勝利を収め、ベルトへの意気込みも語っている。

 対する新谷は今年7月25日の『WARDOG.31』でデビューし、ERIKAにパウンド連打からのレフェリーストップでTKO勝利を収めた期待の新人だ。

KARENのヒジで新谷は額を割られる

 下がりながら距離をとるKARENに組み付く新谷。四つに組んだKARENは新谷をケージに押しつけ横薙ぎの右ヒジを連打すると、新谷は額を大きく切り出血。ドクターチェックにより試合がストップされ、KARENの電光石火のTKO勝利が決まった。

 KARENは「しっかりヒジで4連勝できてよかったです。組んだら血だらけにしてやろうと思いました。しっかり勝ててベルトも目前だと思うので、ベルトを目指して練習して強くなります」とコメントを残した。


▼第2試合 ストロー級 5分3R   
○高島俊哉(リバーサルジム新宿Me,We/同級5位)
判定3-0 ※29-28×2、30-27
●リトル(GUTSMAN)

▼第1試合 フライ級 5分3R
●井島裕彰(GUTSMAN)
判定0-3 ※27-30×3
○谷村泰嘉(パラエストラ八王子※移籍)

●編集部オススメ

・暫定王者・小川徹、因縁の相手に「最後はKOで」と完全決着宣言=前日計量

・華蓮DATEから改名初戦のKARENが計量パス「4連勝してベルトを目指す」

・法DATEから改名初戦のNØRIが計量パス「世代交代を狙う」

・菊入正行と村山暁洋がウェルター級暫定王者の座をかけ再戦=10.17

・10.17『PANCRASE 324』小川徹vs上田将竜、NØRIvs端貴代、菊入正行vs村山暁洋など生中継・配信情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧