TOP > ニュース 一覧

【パンクラス】暫定王者・小川徹、因縁の相手に「最後はKOで」と完全決着宣言=前日計量

2021/10/16(土)UP

フライ級暫定タイトルマッチで対戦する暫定王者・小川 徹(左)と上田将竜(右)

 10月17日(日)東京・USEN STUDIO COASTで開催される『PANCRASE 324』の前日計量が16日(土)12時~都内にて行われた。

 メインイベントのフライ級(56.7kg-52.2kg)暫定タイトルマッチで対戦する暫定王者・小川 徹(TRIBE TOKYO M.M.A)は56.5kg、挑戦者の同級1位・上田将竜(G-face TEAM緒方道場)は56.7kgで計量をパスした。

【フォト】セミファイナルの女子フライ級 暫定王者決定戦「NØRIvs端 貴代」など計量写真6枚

 フライ級暫定王者・翔兵(升水組)の王座返上に伴い、5月にフライ級暫定王者決定4人トーナメントが行われ、小川vs秋葉太樹(フリー)、上田vs猿飛流(リバーサルジム川口REDIPS)の組み合わせに。小川が秋葉に判定勝利し、猿飛流が上田に判定勝ちしたことで、今大会では小川と猿飛流による王座決定戦が行われる予定だったが、猿飛流の負傷欠場を受けて小川が不戦勝で暫定王者となり、その小川に過去2戦2勝の上田が挑戦者となり、タイトルマッチが行われることとなった。

 暫定王者として初防衛を迎える小川は「順調に仕上げてきました。練習では5分5Rフルに戦うことを前提に、しっかりと相手の対策をしてきました」と自信を見せる。過去2戦して2敗している因縁の相手・上田については「力強い」とパワーを警戒するが、「削って削って削って……最後はKOでしっかり仕留めたい」と完全決着を狙う。

 初防衛成功後には「DEEP、修斗といった他団体のフライ級チャンピオンともやっていきたい。大晦日にも呼ばれるようであれば出たい」と他団体王者との対決をアピールした。

 対する上田は「明日はまず後悔なく全てを出し切って仕留めにいきます」と完全決着を狙う。大一番に向けては「特に練習メニューを変えていません。今回5分5Rなのでスタミナ強化、壁際の攻防、打撃面を強化してきただけで、特別にしてきたことはありません」という。

 念願の王座獲得後には「5月に負けているので、明日勝ったら一番初めにやらないといけないことは自分の中で決まっています」と猿飛流へのリベンジを掲げる。「今フライ級がどんどん盛り上がっているので、パンクラスだけにこだわらなず、他のフライ級の選手ともやっていきたい」と小川と同じく他団体の選手との対戦を希望した。

▶︎次ページは、女子フライ級 暫定王者決定戦「NØRIvs端 貴代」などメインカードの計量結果と写真

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】10.17『PANCRASE 324』小川徹vs上田将竜、NØRIvs端貴代、菊入正行vs村山暁洋など生中継・配信情報

・【パンクラス】法DATEから改名初戦のNØRIが計量パス「世代交代を狙う」

・澤田めぐみ、バキバキ腹筋で女王に返り咲き! 男子は相澤隼人が最年少で優勝=日本ボディビル選手権

・熊谷麻理奈がビキニとハイヒール姿で登場、ゆりなとの身長差に会場どよめき=前日計量

・五味隆典とも激闘の元UFCギラード、素手ボクシングで顔面骨折KO負け!強烈な一撃に上半身がロープの外に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧