TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】カネロが4団体統一!プラントを11RにTKOで下す=試合結果・速報

2021/11/07(日)UP

カネロ・アルバレス(Getty)

 11月6日(日本時間7日・米ラスベガスのMGMグランド)、世界スーパーミドル級4団体統一戦で、3団体(WBAスーパー、WBC、WBO)同級王者のサウル“カネロ”アルバレス(31=メキシコ)がIBF同級王者カレブ・プラント(29=米)から11Rに2度ダウンを奪いTKO勝利した。
 カネロはこれまで59戦56勝(38KO)1敗2分。今回が記念すべきプロ60戦目で史上6人目、この階級では初の4団体統一王者となった。

【動画】カネロが豪快パンチでプラントをKOする瞬間

 プラントは白のガウンで、 カネロはゴールドのガウンで入場。
 1R、圧力をかけるカネロにプラントはジャブを何度も放ち距離を保とうとするが、カネロの圧力に下がってしまう。

 2R、圧力を強めるカネロは左を上下に散らし右の打ちおろしも軽くヒットするが、プラントも左ジャブから右をヒットさせる。手数はプラント。

 3R、カネロはコーナーに詰め左ボディをヒットさせる。飛び込んで左フックを放つなど、プラントのジャブ中心の攻撃にカネロも手数を出し始める。

 4R、圧力でプラントをロープまで下がらせパンチをまとめるカネロだが、プラントはしっかりかわし、当てさせない。しかし終盤にカネロの左フックがヒットしプラントのアゴが上がる。

 5R、カネロの左アッパーが当たると、プラントもワンツーで返していくなど拮抗した展開。

 6R、カネロが右アッパーから左ストレートなどカネロが手数を増やすしヒットさせる。ジャブも当たり始めカネロがペースをつかむ。

 7R、カネロがロープを背負うが、プラントの攻撃を頭をふってかわす。カネロが来いと誘うも、プラントはなかなか乗らず。カネロは終盤に左フックをヒットさせる。

 8R、カネロがボディ中心に攻める。プラントはボディを警戒しガードを下げる。そこに顔面へパンチを振るがプラントはかわす。

 9R、カネロはコーナーに詰め、パンチをヒットさせるもプラントは二発目を打たせず、コーナーを逃れる。終盤、プラントの右でカネロの顎が上がる。

  10R、ボディ攻めをするカネロ、右ボディでプラントはボディが効いたか背中が丸まり必死に耐える。再度右ボディを当てていくカネロ。

 11R、コーナーでカネロが右フックがヒットし、下を向いたところに右アッパー!倒れていく瞬間にさらに左アッパーでついにプラントがダウン。そして立ち上がったプラントに連打、上からの右ストレートでプラントはたまらず倒れ、レフェリーが試合をストップ、カネロのTKO勝ちとなった。

▶︎次のページは【動画】カネロの豪快アッパーダウン! そして右の打ち下ろしでKOする瞬間

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・カネロとプラントが激しい舌戦、そこにマイク・タイソンが登場=前日計量

・会見で乱闘! カネロの平手のアッパーでプラントが出血

・カネロの右アッパーで複数骨折、衝撃のスロー映像が話題

・”武道美女”17歳・安井南の初グラビアはビキニでヌンチャク!「ブルース・リーの水着、好評で嬉しい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧