TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】会見で乱闘! カネロの平手のアッパーでプラントが出血

2021/09/22(水)UP

会見の冒頭で睨み合う両者、乱闘はここから始まった(Getty)

 11月6日(現地時間)に行われる世界スーパーミドル級4団体統一戦、3団体王者のサウルカネロアルバレス(31=メキシコ)とIBF王者カレブ・プラント(29=英)の記者会見が21日午後(現地時間)に行われ、冒頭で両者フェイスオフからの殴り合いに発展、プラントが右目下をカットする怪我を負った。

【動画&写真】カネロとプラントの乱闘シーン

 カネロとプラントがステージ上で向かい合うフェイスオフから始まった。両者の言葉が激しくなると、カネロはプラントを、両手で突き飛ばした。

 その後、プラントはカネロにゆっくり近づき、カネロの顔に平手の左フック! カネロの顔をかすめるもスウェーバックでかわす。そしてカネロは平手の左アッパーで反撃。そこでプラントのかけていたサングラスが吹き飛び、カネロは続けて平手の右の打ちおろしをプラントの側頭部に見舞う。そこで両者は引き離されたが、プラントはサングラスをしていたため、右目下を大きくカット。拭いたタオルに赤い血、プラントは出血の手当て後、席についた。

 カネロが先に突き飛ばした形だが、これは、プラントがカネロの母親を侮辱する発言があり、それに激怒したことから。

 カネロは「彼は私には何を言ってもいいが」と言い「母に何か言った人は、全員ノックアウトするつもりだからね。そういえば、彼は最初にスイング(平手の左フック)したんだよね。僕はただ彼を押しただけなんだけど、彼が先に振ったんだ。あとは自分のやるべきことをやっただけ」と正当性を主張した。

 さて、実際の試合で4団体統一するのはどちらか。この場外の一戦ではカネロのディフェンスとヒットからカネロが優勢に見える。なお、オッズ(英大手ウイリアムヒル)ではカネロ1.10倍、プラント7倍と大きくカネロ勝利が優勢となっている。

▶︎次ページは【動画&写真】カネロとプラントの乱闘シーン

●編集部オススメ

・カネロの右アッパーで複数骨折、衝撃のスロー映像が話題

・3団体王者カネロ、プラントとの4団体統一戦が実現へ「歴史を作る時が来た」=11.6米

・4団体統一戦、チャーロvsカスターニョの前日計量が乱闘騒ぎに! とんでも男が出現

・“ラウンドガール是非”論争、皇帝ヒョードルがまさかの参戦!?「もう少し肌の露出を抑えた方が」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧