TOP > 試合結果 一覧

バックハンドブローから怒涛パウンド“40発”のKO劇!相手は顔面流血でなす術なし=海外MMA

2021/11/10(水)UP

バックハンドブローからの“40発”怒涛パウンドKO!@lavrikより

 11月7日(日本時間)にドバイで開催された総合格闘技(MMA)イベント『Parus FC』にて壮絶なTKO劇が起きた。
 KOしたのはバンタム級王者のデニス・ラヴァレンティエフ(33=ロシア)。挑戦者ジェシー・アーネット(37=カナダ)とのタイトル戦だった。

【動画】バックハンドブローからの“40怒涛パウンドKO!相手は顔面流血

 ラヴァレンティエフは柔道ベースのロシア強豪。昨年11月のFEMFPバンタム級王座決定戦で、DEEPバンタム級王者ビクター・ヘンリーと対戦し、3-0の判定勝利で王座獲得。現在5連勝中で初防衛戦を迎える。

 対するアーネットはMMA戦績18勝7敗で、カナダMMA団体TKOなど、複数の団体のベルトを巻いたことがある実力者だ。

 試合は1R序盤からアーネットがカーフキックと左フックで積極的に攻めるが、ラヴァレンティエフはその間合いやタイミングを図る様子。

 ラウンド後半、ラヴァレンティエフが右ハイキック!アーネットがブロックしながら間合いを詰めると、ラヴァレンティエフがバックハンドブロー!
 アーネットがダウンすると、ラヴァレンティエフがすかさず上を取り、怒涛のパウンド攻撃。落とした数はなんと40発!アーネットの顔が地に染まったところで、レフェリーが試合を止めた。

 1R4分7秒のTKO勝利で、ラヴァレンティエフが初防衛に成功した。会場は王者のそう劇的なKO劇に大歓声が上がった。

【勝者 選手データ】(2021年11月10日現在)


デニス・ラヴァレンティエフ(33歳・Denis Lavrentyev・ロシア)
身長:173cm 階級:バンタム級
戦績:12(6KO1一本)1敗(TAPOLOGY参照)

▶︎次ページは【動画】バックハンドブローからの“40怒涛パウンドKO!相手は顔面流血

●編集部オススメ

・”少林寺”戦士のハイキック秒殺KO!このシーンに”戦意喪失か八百長か”ファンの声

・”元PRIDE”ハリトーノフがTKO勝利も呆然、早すぎるレフェリーストップに会場は騒然=海外MMA

・朝倉未来がオーディションで“ガチ喧嘩モード”!相手の髪を掴んで馬乗り状態で圧倒「そんなんで応募してくんなよって話」

・”武道美女”17歳・安井南の初グラビアはビキニでヌンチャク!「ブルース・リーの水着、好評で嬉しい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧