TOP > 試合結果 一覧

”元PRIDE”ハリトーノフがTKO勝利も呆然、早すぎるレフェリーストップに会場は騒然=海外MMA

2021/11/08(月)UP

両手を広げながら、納得がいかない様子のハリトーノフ@Grabaka_Hitmanより

 11月7日(日本時間)にドバイで開催された総合格闘技(MMA)イベント『Parus FC』メインイベントのヘビー級タイトルマッチにて、王者セルゲイ・ハリトーノフ(41=ロシア)が、挑戦者ファビオ・マルドナド(41=ブラジル)から初回TKO勝利を飾ったが、そのレフェリーストップの早さに、会場が騒然とした。

【動画】TKO勝利のハリトーノフも呆然、早すぎるレフェリーストップに会場騒然

 ハリトーノフはPRIDEをはじめ、K-1、ベラトールなどで活躍してきた“ロシア軍最強兵士”の愛称を持つレジェンド。今年8月の『BELLATOR 265』でヘビー級3位のシーク・コンゴに逆転一本負けを喫したが、KOの山を築き上げたその打撃の強さは健在だ。『Parus FC』では昨年11月にヘビー級王者となっており、今回が初防衛だ。

 対するマルドナドはUFCでも活躍した豪腕ファイター。19年10月の「RIZIN.19」では当時ライトヘビー級王者だったイリー・プロハースカと対戦し初回TKOで敗れた。

 試合は序盤、鋭いジャブでマルドナドがリズムを取るが、一回り体格の大きいハリトーノフが一発一発の重たいパンチで試合の主導権を渡さない。

 1R中盤過ぎ、ハリトーノフが右ストレートがクリーンヒットすると、ぐらつくマルドナド。ハリトーノフがワンツー、アッパーとラッシュを仕掛け始めると、レフェリーがすぐにストップ。

 フルガードで意識のあったマルドナドはレフェリーを軽く突き飛ばし、効いていないとアピールするかのようにサークリング。勝ったハリトーノフも両手を広げながら、納得がいかない気持ちをアピール。会場もブーイングと騒然としたが、それでもレフェリーは首を横に振り、ジャッジを変えず。結局、ハリトーノフの1R32秒のTKO勝利となった。

▶︎次ページは【動画】TKO勝利で嬉しいはずのハリトーノフ自身も呆然、”早い”レフェリーストップに会場騒然

●編集部オススメ

・【動画あり】ハリトーノフがタップアウトで逆転一本負け!ヒザ蹴り&パウンド&チョークスリーパーの地獄のフルコース

・顔面殴打された元PRIDE戦士ハリトーノフが“重傷”写真をインスタ公開、“戦友”のミルコ・クロコップも応援

・【動画あり】レフェリーストップの遅さに非難集中、強烈フックに大の字ダウン、“不必要”な鉄槌で完全失神=Lux/メキシコ

・”武道美女”17歳・安井南の初グラビアはビキニでヌンチャク!「ブルース・リーの水着、好評で嬉しい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧