TOP > 試合結果 一覧

素手ボクシングで“88秒”顔面流血KO!額を割られた相手は激痛で苦悶の表情

2021/11/18(木)UP

素手ボクシングで“88秒”顔面流血KO!@bareknucklefcより

 全米人気の素手ボクシングの格闘技イベント『Bare Knuckle Fighting Championship』(以下、BKFC)は11月13日(日本時間)、米国フロリダ州マイアミにて『BKFC 22』を開催。相手の額を割り流血させる衝撃的な秒殺KO劇が起きた。

【動画】顔面流血KO!額を割られた相手は滴り落ちる血を見ながら苦悶の表情

 KOしたのは、ジェームス・ロドリゲス(32=米国)。180ポンド(81.64kg)契約マッチでのブライアン・マックスウェル(34=米国)との一戦だった。

 ロドリゲスはBKFCデビュー戦の新人ファイター。プロキャリアはボクシングとMMAで合わせて5戦の経験を持つ。
 対するマックスウェルはMMA選手で19年からBKFCに参戦するも、4戦して未だ勝ち星なし。

 試合は序盤、ジャブの差し合いからマックスウェルが組みつきクリンチ、離れ際に左フックを放つなど、主導権を握ろうとする。

 しかし、ロドリゲスがステップインから右ストレートをヒット!たまらずマックスウェルが組み付くと、ロドリゲスが左右のフック。マックスウェルの額がカットし流血する。
 打ち合いの中、傷口が広がったか、マックスウェルの顔面が大きく血に染まると、レフェリーがタイムコールし、ドクターチェック。

 再開直後、ロドリゲスの右ストレートがクリーンヒット!組み付くマックスウェルにロドリゲスが左フックを当てると、痛みに耐えられなくなったか、マックスウェルが額の傷口を押さえながら、身体をくの字に。レフェリーがすぐに試合を止めた。

 痛みに苦しむ表情のマックスウェルが傷口を押さえた手についた血を見ながらしゃがみ込む一方で、わずか88秒のKO勝利で華々しいBKFCデビューを飾ったロドリゲスは大喜び。勝者と敗者の明と暗が大きく分かれた瞬間だった。

▶︎次ページは【動画】顔面流血KO!額を割られた相手は滴り落ちる血を見ながら苦悶の表情

●編集部オススメ

・”まるでマンガ”指差し予告から“飛びヒザ蹴り”秒殺KO! KO率100%の超新星が劇的勝利で会場大爆発=ベラトール

・素手ボクシングで35秒殺KO!ダウン相手が両足麻痺で立てない姿に「恐ろしすぎる、回線を断ち切るスイッチを押した」と驚愕の声

・五味隆典とも激闘の元UFCギラード、素手ボクシングで顔面骨折KO負け!強烈な一撃に上半身がロープの外に

・美人空手家・長野じゅりあ、超人気TikTokerのISSEIに正拳ロウソク消しを直伝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧