TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】ダウン奪い合う流血の死闘!カンボソスが4団体王者ロペスに勝利

2021/11/29(月)UP

王者ロペスが流血し被弾をする瞬間(C)DAZN

 11月28日(現地時間27日)米ニューヨーク マディソン・スクエア・ガーデンにてプロボクシング3団体(WBAスーパー,WBO,IBF)+WBCフランチャイズ統一世界ライト級タイトルマッチが行われ、同級1位ジョージ・カンボソス・ジュニア(28=豪州)が4団体王者テオフィモ・ロペス(24=米国)を判定2-1(115-111 カンボソス、114-113 ロペス、115-112 カンボソス)でカンボソスが新王者となった。試合は互いにダウンを奪い合い流血の激しい試合となった。

【動画】互いにダウンを奪う死闘の映像

 試合は1Rからロペスは前に出て早期決着を計るように積極的に攻めるが終了間際にカンボソスが右のオーバーハンドでダウンを奪う。以降カンボソスが徐々に勢い付き、6Rに左目周辺をカットし出血も互いに譲らぬ展開に。そして10R、ロペスは右の打ち下ろしでダウンを奪い返すが、11Rにはロペスの左目上のカットが大きくなり出血。互いに流血の打ち合いになるも、僅差でカンボソスが勝利した。

4つのベルトを獲得したカンボソス(マッチルームTwitterより)

 ところで今回3団体(WBAスーパー,WBO,IBF)王座獲得と報道されるが、WBCフランチャイズ王座獲得のことはあまり報じられていない。4団体統一したはずのカンボソスだが、WBCフランチャイズ王座は正式な王座と見られていないため、3団体王者と報じるところがほとんど。とすれば、これまで4団体統一王者と紹介されてきたロペスも3団体王者となる。

 WBCは19年6月に「防衛戦をしなくても良い特別な王座」とフランチャイズ王座新設を発表した。同年10月にWBC世界ライト級レギュラー王者だったロマチェンコをフランチャイズ王者に昇格させたが、殿堂入り的な防衛義務のない王者はすでに王者とは言えない。そのためボクシング界やメディアでの多くは正式に認めていないのだ。
 ロマチェンコにロペスが勝ちフランチャイズ王座が移動、そして今回、カンボソスに移動した。WBCフランチャイズ王座は今のところ、このライト級とスーパーフライ級にのみ存在しているが、果たしてこの王座は継続となるのか。なお、WBCの世界同級レギュラー王者にはデビン・ヘイニー(米)がおり、今後、カンボソスとヘイニーが対戦し勝利した方が異論のない4団体統一王者となることができるだろう。両者の対戦が期待される。

▶︎次ページは【動画】互いにダウンを奪う死闘の映像

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・ロマチェンコがまさかの王座陥落、勝ったロペス「判定がどうあれ私が真のチャンピオン」

・尾川堅一が3度のダウン奪い念願の世界王者に!相手を鮮血に染め「練習してきた右が出た、クラッシュライトです」

・井上尚弥の凄すぎる背筋に「普通のボクサーには無いパンチ」(大橋会長)

・カネロの右アッパーで複数骨折、衝撃のスロー映像が話題

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧