TOP > 試合結果 一覧

【海外MMA】皇帝ヒョードル弟が無念の初回一本負け、柔術黒帯に力なくタップアウト=AMC

2021/12/01(水)UP

初回一本負けで肩を落とすヒョードル弟アレクサンダー(右)@AMCより

 11月28日(日本時間)にロシア・コミ共和国・シクティフカルで開催された総合格闘技イベントAMC Fight Nights 106』メインイベントにて、皇帝ヒョードルの弟、アレクサンダー・エメリヤーエンコ(40=ロシア)が無念の一本負けを喫した。

【動画】皇帝ヒョードル弟が無念のタップアウト!

 総合格闘技のレジェンドで元PRIDEヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルを兄に持つアレクサンダーは自身もPRIDEやM-1などで活躍した実力者。MMAキャリア18年間で28勝8敗1分を誇る。昨年7月の前戦ではTKO負けしており、今回が1年4ヶ月ぶりの再起戦となる。
 対戦するマルシオ・サントス(32=ブラジル)は柔術黒帯の寝技師。MMA17勝のうち12は一本によるもので極めの強い選手だ。

 試合は、アレクサンダーより一回り小柄なサントスがワンツーとローで出入り。組みついたアレクサンダーは足払いでテイクダウンに成功し、パウンド&ヒジを連打する。
 このままアレクサンダーの勝利かと思われたが、グラウンド展開が得意なサントスが反撃。サントスはヒールフック、ニーバーを仕掛けながら、トップポジションを取り返すと、パスガードからマウントポジション、最後は肩固めでフィニッシュ!途中でスタミナ切れしたかアレクサンダーが力なくタップアウトした。

 1R358秒の一本負けを喫したアレクサンダーはこれで2連敗となった。

▶︎次ページは【動画】皇帝ヒョードル弟が無念のタップアウト!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【動画あり】一体何が起きた!?死角から空手“内回し蹴り”で一撃KO!耳下狙う超高等テクニック

・【動画あり】これがヘビー級の破壊力、壮絶アッパーカットで9秒殺KO!失神相手は危険な”いびき”かき会場騒然

・【動画あり】地上最強の怪力男が衝撃“18秒”KO!150kgセネガル巨漢を一撃失神に=KSW

・【動画あり】元UFC王者フランク・ミア、強打で踊るようにふらつく衝撃KO負け

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧