TOP > 試合結果 一覧

【UFC】これが世界最高峰の洗礼!10戦無敗の初参戦メキシコ人選手が初回パウンド葬

2022/01/27(木)UP

強烈なヒザ蹴りをヒットさせるフレボラ@UFCより

 1月23日(日本時間)米国カリフォルニア州アナハイム /ホンダ・センターで開催された総合格闘技イベント『UFC270』にて、10戦無敗の初参戦の選手が初回TKO負けを喫し、世界最高峰の洗礼を浴びた。
 KOしたのはマット・フレボラ(31=米国)。ライト級マッチのジェナロ・バルデス(30=メキシコ)との一戦だった。

【動画】世界最高峰の洗礼!無敗のメキシコ人選手が怒涛の攻撃でTKO負け

 フレボラは17年のUFC登竜門大会のDWコンテンダーシリーズで一本勝ちを収めUFCに参戦し続ける実力者。昨年は2連敗しており、再起を図る。

 対するバルデスは10戦無敗と期待のUFC初参戦選手。10勝全てフィニッシュ(7KO・3一本)と100%の決定力を誇り、昨年のDWコンテンダーシリーズで秒殺KO勝利を飾り、UFC参戦を決めた。

 試合は序盤から、フレボラがハイキック、カーフキックと積極的に仕掛ける。フレボラのワンツーがヒットし、ダウンしたバルデスだったが、すぐに立ち上がり、打ち合い。鼻血を流しながら効いている様子だが、気迫で押し返す。

 しかし、フレボラが首相撲からヒザ蹴り、バルデスがダウン。フレボラが怒涛のパンチラッシュで猛攻するが、バルデスは立ち上がり、フラフラになりながらも、パンチを打ち返すなど耐え続ける。

 パンチ、ヒザと攻撃を畳み掛けるフレボラ。最後はフレボラがバックマウント状態からパウンドを落とし続け、レフェリーが試合を止めた。

 フレボラが1R3分15秒のTKO勝利で連敗をストップ。初黒星となったバルデスにとっては、総合格闘技の世界最高峰と言われるUFCの洗礼を浴びた形となった。

【勝者 選手データ】(2022年1月26日現在)


マット・フレボラ(31歳・Matt Frevola・米国)
階級:ライト級
身長:175cm
戦績:9(2KO3一本)31分(TAPOLOGY参照)

▶︎次ページは【動画】世界最高峰の洗礼!無敗のメキシコ人選手が怒涛の攻撃でTKO負け

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【UFC】豪州MMA王者の剛腕炸裂KO! ダウン後の追撃に相手は“もうやめて”と降参ポーズ

・女性解説者が「オー・マイゴッド!」と絶叫の失神KO劇、 フィニッシュ率100%同士の激突は衝撃の秒殺ハイキック!

・殴った数は160発以上!ド派手な刺青戦士が“パウンド地獄”KO、何もできなかった敗者は号泣

・ドン・フライが酔っ払い観客に絡まれ怒りのパンチ、UFC会場で騒動

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧