TOP > 試合結果 一覧

【シュートボクシング】イモト、王者初戦で二冠王・森本一陽を撃破

2022/03/09(水)UP

右ミドルを見舞うKAEDE(右)

▼第5試合 MAX FCルール 女子57.0kg契約 3分3R  
〇KAEDE(LEGEND GYM/NJKFミネルヴァスーパーバンタム級1位)
判定2‐1 ※30‐27、28‐29、29-28
●神谷優良(KKC)

 昨年10月のプロデビュー戦で村上悠佳と激闘を繰り広げた神谷が、姉のIMARIと共に活躍するKAEDEと対戦した。

 1R、神谷は左右フックを振り回し、KAEDEは右ミドル、前蹴り、組んでのヒザ。神谷の突進ぶりにKAEDEは被弾が目立つ。

 2R、左フックを浴びて鼻血を出し苦戦するKAEDEだが、右ミドル、組みヒザを着実に返していく。3Rも前に出続ける神谷の手数の前に、KAEDEは苦戦しながらも蹴り技、バックブローを返していき僅差の判定勝ちを収めた。

 


三日月蹴りをヒットさせた基山(右)

▼第4試合 MAXFCルール 63.0kg契約 3分3R
●剣夜(SHINE沖縄/前TENKAICHIスーパーライト級王者)
判定0-3 ※27‐30、27-30、28-30
〇基山幹太(BELLWOOD FIGHT TEAM)

 2018年にプロデビューし、ONEウォリアーシリーズ、スタンドアップ、修斗と様々なリングで戦績を重ねてきた基山が意外にも今回SB初参戦。対する剣夜は沖縄を拠点にTENKAICHIスーパーライト級王座を獲得した実績を持つ。

 1R、基山は右カーフキック、左インローを主軸の攻撃を見せ、剣夜は右ストレート。基山は剣夜をロープ際に詰めると一気にパンチ連打で追い込み見せ場を作る。

 2R、左インローを効かせて剣夜の動きを止める基山は再びパンチ連打を見せるも、剣夜はタフネスぶりを発揮し倒れない。

 3Rも基山が左インローからボディブロー、三日月蹴りでボディを削っていき、左ハイ。最後にKO狙いでパンチを振り回したが、タフな剣夜は倒れることなく攻撃を返す。基山がフルマークの判定勝ち。

●編集部オススメ

・【DEEP】TATSUMI(巽大佑)が井上皓平に逆転の一本勝ち

・【シュートボクシング】復帰戦の王者・西岡蓮太vs三階級制覇を狙う笠原弘希のタイトルマッチ、フェザー級王座決定戦で魁斗vs川上叶

・【KNOCK OUT】西岡蓮太が無法島GPを制す。決勝は西岡のハイキックが勝負を分ける

・RENA、SBラウンドガール10年の”メイちゃん”引退に感謝

・ツヨカワMISAKIがCMデビュー!? 伊藤沙莉と共演で「探してみて」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧