TOP > 試合結果 一覧

【シュートボクシング】イモト、王者初戦で二冠王・森本一陽を撃破

2022/03/09(水)UP

森本(左)に競り勝ったイモト(右)

シュートボクシング協会/グラップリングシュートボクサーズ
『SHOOTBOXING 2022 YOUNG CAESER CUP CENTRAL #29 “MAXFC DEAD or ALIVE 03”』
2022年3月6日(日)愛知・ホテルプラザ勝川

▼メインイベント(第7試合) エキスパートクラス特別ルール -68.0kg契約 3分3R延長無制限R
〇イモト・ボルケーノ(グラップリングシュートボクサーズ/SB日本スーパーライト級王者)
判定3-0 ※30‐29、30‐28、30‐29
●森本一陽(NEXT LEVEL渋谷/第2代Bigbangスーパーウェルター級王者、J-NETWORKスーパーウェルター級王者)

 昨年12月のSB日本スーパーライト級王座決定戦で村田聖明との5Rに亘る大接戦を制してチャンピオンに輝いたイモトが王者初戦を迎える。対する森本はBigbangとJ-NETWORKの二団体でスーパーウェルター級タイトルを獲得し、今回が2年ぶりの復帰戦。

 1Rから渾身の右ミドル、大振りの全力フックといったトリッキー殺法の森本に、イモトは攻めづらい様子を見せながらも何度か首投げをトライ。終了間際にはスタンディングチョークを狙う。

 2Rには首投げでシュートポイントを奪ったイモトに対し、森本は手数を出して反撃に出る。3R、後がない森本は強引な反り投げを見せるがノーシュート。森本は右ハイを見せ打ち合いにも持ち込むが、イモトもパンチで応戦し一歩も退かない。最後までペースを許さず、シュートポイントも奪っているイモトが凱旋試合で勝利を上げた。


階級を上げての初戦で勝利した内藤(左)

▼セミファイナル(第6試合) エキスパートクラス特別ルール -57.5kg契約 フェザー級ランキング戦 3分3R延長無制限R
〇内藤凌太(BELLWOOD FIGHT TEAM/元DEEP☆KICK-55kg級王者、SBスーパーバンタム級3位)
判定2‐0 ※30‐30、30‐28、30‐29
●土井涼雅(GSB)

 内藤は前戦となった昨年9月の山田虎矢太に判定負けを喫し、今回はフェザー級に階級を上げての第一戦。対する土井は今回が5戦目となるGSBの新鋭。

 1R、土井の長いリーチを警戒してか、内藤はガードを固めながら左ロー、左ミドルから右ストレート。手数を出しながらひたすら動き続けるスタイルで土井を翻弄する。

 2R、内藤は三日月蹴りを当て、土井は伸びのある右ストレート。さらに内藤は左ハイも当てこのラウンドも主導権を握る。3R、距離を取る戦いの土井に、前に出て攻撃を当てる内藤が手数、ヒット数で上回り判定勝ちした。

●編集部オススメ

・【DEEP】TATSUMI(巽大佑)が井上皓平に逆転の一本勝ち

・【シュートボクシング】復帰戦の王者・西岡蓮太vs三階級制覇を狙う笠原弘希のタイトルマッチ、フェザー級王座決定戦で魁斗vs川上叶

・【KNOCK OUT】西岡蓮太が無法島GPを制す。決勝は西岡のハイキックが勝負を分ける

・RENA、SBラウンドガール10年の”メイちゃん”引退に感謝

・ツヨカワMISAKIがCMデビュー!? 伊藤沙莉と共演で「探してみて」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧