TOP > 試合結果 一覧

【素手ボクシング】“40代のヘビー級対決”はわずか23秒殺のKO劇!元UFC戦士が失神

フォロー 友だち追加
2022/04/29(金)UP

“40代のヘビー級巨漢対決”は衝撃の秒殺KO劇!©️BKFC

 4月22日(日本時間)、米国フロリダ州フォート・ローダデールで開催された素手ボクシングイベント『BKFC FN: Ft.Lauderdale』。
 メインではヘビー級マッチで元ベラトール選手フランク・テイト(46=米国)が元UFC選手ジョーイ・ベルトラン(40=米国)を秒殺KOで破り、この日の大会最優秀KO賞に選ばれた。

【動画】豪腕フックで秒殺KO!ヘビー級巨漢が失神ダウン

 テイトはベラトール参戦経験を経て20年にBKFCに参戦し、BKFC1勝1敗1分の戦績を持つ。
 対するベルトランはUFCを経て18年からBKFCに参戦し、BKFC戦績は5勝2敗1分。
 ともに40歳を超えても素手の殴り合いで現役を続ける鉄人ぶりからBKFCでも人気の二人だ。

 試合は開始すぐにテイトが圧力で前進。右のボディストレートに、ベルトランが身体を曲げて嫌がる。ベルトランがジャブで牽制しながら距離を取ろうとするが、テイトの強烈な左フックが炸裂!

 ベルトランが失神し大の字ダウン。レフェリーが試合を止めた。

 わずか23秒の秒殺KO劇。下馬評では戦績の対比からベルトランが優位だったこともあって会場は騒然となった。

BKFC FN: Ft.Lauderdale
4
22日(日本時間)米国フロリダ州フォート・ローダデール
ヘビー級マッチ
フランク・テイト(米国)
KO 1R23
秒 ※左フック
ジョーイ・ベルトラン(米国)

▶︎次ページは【動画】豪腕フックで秒殺KO!ヘビー級巨漢が失神ダウン

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【素手ボクシング】アゴ髭&全身タトゥー男が”撃沈KO負け!デビュー新人の豪腕フックに崩れ落ちる

・【フォト】素手ボクシング参戦の元UFC美女が自身のセクシーショットベスト9を発表

・蹴り足キャッチされるも瞬時にアゴを撃ち抜く秒殺KO劇、ムエタイ王者は失神=米FuryFC

・素手ボクシングで合計5度ダウンの殴り合い!最後の一撃が大会最優秀KO賞に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧