TOP > 試合結果 一覧

【素手ボクシング】戦慄のアッパーカットKO!強烈な一撃で失神、相手は前のめり大の字ダウン

2022/05/04(水)UP

大会最優秀KO賞に選ばれた、戦慄のアッパーカットKO!@bareknucklefcより

 5月1日(日本時間)、米国モンタナ州グレートフォールズで開催された素手ボクシングイベント『BKFC 24』にて、強烈なアッパーカットの一撃で、相手が前のめりで大の字ダウンし失神する戦慄のKO劇が起きた。
 KOしたのはビリー・ワグナー(29=米国)。ライト級マッチのジェイコブ・クレイテル(米国)との一戦だった。

【動画】戦慄の右アッパーカットKO!失神相手は前のめりに大の字ダウン

 ワグナーは19年5月にデビューした4勝2敗の戦績を持つプロボクサー。今回が素手ボクシング初挑戦となる。対するクレイテルはMMA出身で、ワグナーと同じく今回がBKFCデビュー戦だ。

 試合は1R中盤、頭を下げながらクレイテルが距離を詰めると、ワグナーが強烈な右アッパーカット!

 動きの止まったクレイテルに、ワグナーがコンビネーションを左フックを当てると、マットに叩きつけられるように失神ダウン。前のめりで大の字と倒れているクレイテルを見て、レフェリーが試合を止めた。

 わずか43秒の秒殺KO劇、この日の大会最優秀KO賞に選ばれた。

『BKFC 24』
5月1日(日本時間)米国モンタナ州グレートフォールズ
▼ライト級マッチ
●ジェイコブ・クレイテル(米国)
KO 1R43秒 ※右アッパーカット
ビリー・ワグナー(米国)

▶︎次ページは【動画】戦慄の右アッパーカットKO!失神相手は前のめりに大の字ダウン

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・相手のタックルに顔面ハイキック!秒殺の失神KO=韓国AFC

・【フォト】素手ボクシング参戦の元UFC美女が自身のセクシーショットベスト9を発表

・【素手ボクシング】鼻直撃の“激痛”秒殺KO劇!強烈な一撃で相手は戦意喪失

・【素手ボクシング】戦慄のオーバーハンド秒殺KO!右目直撃で骨折の可能性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧