TOP > 試合結果 一覧

【ベラトール】ヘビー級王者ベイダーがV2達成、“レスリング地獄”でコンゴに何もさせず

2022/05/08(日)UP

右をヒットさせるベイダー©️Bellator

Bellator MMA
『BELLATOR 280』
2022年5月7日(日本時間)フランス・パリ ベルシーアリーナ
▼ヘビー級タイトルマッチ
○ライアン・ベイダー(米国/王者)
判定3-0 ※三者共に50-45
●シーク・コンゴ(フランス/同級2位)
※ベイダーが2度目の防衛に成功

【動画】ベイダーの”レスリング地獄”、コンゴが何もできず

 ベイダーは元ベラトールのヘビー級&ライトヘビー級の2階級制覇王者。19年にはヒョードルを秒殺KOで破りヘビー級グランプリ優勝&王座獲得を達成。昨年10月にライトヘビー級GP準決勝でコーリー・アンダーソンに初回TKO負けし、同級の王座から陥落。しかし今年1月30日のヘビー級世界タイトル統一戦で、暫定王者のワレンティン・モルダフスキーを判定で下し、初防衛に成功した。

 対するコンゴはUFC、ベラトールとMMAメジャーを渡り歩き、ミルコ・クロコップにも勝利した豪腕ストライカー。前戦となる昨年8月にはPRIDE、K-1などで活躍してきたセルゲイ・ハリトーノフ(ロシア)から一本勝ちを収めた。

 両者は19年9月にベイダーの初防衛戦として対戦したが、偶発性のサミングでコンゴが試合続行不可能に。試合はノーコンテストとなり、今回はそれ以来の再戦となる。

 1R、強い圧力のベイダーがケージ際でコンゴに組み付く。背後に回りながらコンゴの太ももにヒザ蹴りをコツコツ当て、終盤にテイクダウンを奪う。

 以降のラウンドも同じ展開。序盤に至近距離での打ち合いを見せるも、ベイダーがすぐさまタックル。コンゴをケージに押し込み、コツコツとパンチやヒザを当て続ける。コンゴに大きなダメージは見られないが、レスリングで攻め続けるベイダーが試合を優位に運ぶ流れ。

 最終5R、ベイダーが優勢の中、ここでKOか一本を極めないと勝ちのないコンゴだが、積極的に前に出ない。結局、ベイダーが再びコンゴをケージに押し込み、コツコツとパンチとヒザを当て続け、タイムアップ。

 判定は3-0のフルマーク(三者共に50-45)でベイダーが勝利。ベイダーが25分間終始コンゴをケージに貼り付け、何もさせない戦いで、2度目の防衛に成功した。

 相手に大きなダメージは与えずも、得意のレスリングで相手に何もさぜずポイントアウトしたベイダー。勝利者コメントで「レスリングはMMA勝利の鍵だ」と、自らの戦いに胸を張った。

▶︎次ページは【動画】ベイダーの”レスリング地獄”、コンゴが何もできず

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【ベラトール】ヘビー級ベイダーとコンゴが”マッチョボディ”で計量パス!=5.7タイトル戦

・【テレビ・配信】5.7『BELLATOR 280』ベイダーvsコンゴのヘビー級タイトルマッチなど生中継、配信情報、視聴方法

・“関節技”をタップせずに肩破壊!制止しなかったレフェリーに非難の声=米Cage Wars

・激痛アクシデント!蹴りの後にスネ”くの字”の悲劇、マクレガーと同じ悪夢=アルゼンチンCAM

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧