TOP > 試合結果 一覧

【素手ボクシング】最強のモヒカン戦士”が豪快KO!どデカイ”モヒカン”で身長2m超え

2022/05/18(水)UP

”どデカイ”モヒカン頭のヘビー級選手が豪腕KO!©️BKFC

 5月14日(日本時間)、米国ネブラスカ州オマハで開催された素手ボクシングイベント『BKFC FN: Omaha』にて、そびえ立つ“モヒカンヘアー”が特徴の長身ヘビー級選手が、豪腕パンチで相手をマットに沈めるKO劇が起きた。

 勝利したのは、エステバン・ロドリゲス(30=米国)。ヘビー級マッチのエリック・マレー(28=米国)との一戦だった。

【動画】“モヒカン頭”ヘビー級選手が豪腕パンチでド派手KO!

 ロドリゲスはプロMMAの経歴を持つ素手ボクシングデビューの新人。公式身長は193cmだが、そびえ立つ“どデカイ”モヒカンヘアーの高さを加えると2mを超えるだろう。
 対するマレーはKOTCやLFAの参戦経験を持つMMAベースの選手。昨年9月のBKFCデビュー戦で勝利し、2連勝を目指す。

 試合は1R開始から壮絶な殴り合い。マレーの強烈な左フックでロドリゲスの右目がカットし流血するが、スタミナ切れかマレーが終了間際に失速。
 2Rゴングが鳴ると同時に両者が飛び出しパンチを放つと、ロドリゲスの右フックが炸裂!
 前のめりに崩れる様にダウンしたマレーはカウント内に立ち上がれず、ロドリゲスがKO勝利を飾った。

 BKFC公式SNSでこのフィニッシュシーンが公開されると「恐ろしいKO」「最強のモヒカン戦士が誕生した」と驚きの声が寄せられた。

『BKFC FN: Omaha』
5月14日(日本時間)米国ネブラスカ州オマハ
▼ヘビー級マッチ
○エステバン・ロドリゲス(米国)
KO 2R10秒 ※右フック
エリック・マレー(米国)

▶︎次ページは【動画】“モヒカン頭”ヘビー級選手が豪腕パンチでド派手KO!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【素手ボクシング】スキンヘッド刺青の男が秒殺KO負け!左目狙いのオーバーハンドに沈む

・【フォト】素手ボクシング参戦の元UFC美女が自身のセクシーショットベスト9を発表

・【素手ボクシング】ヘビー級豪腕パンチで壮絶KO!僅か95秒で3度のダウンで顔面ボコボコに

・【素手ボクシング】アゴ髭&全身タトゥー男が”撃沈KO負け!デビュー新人の豪腕フックに崩れ落ちる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧