TOP > 試合結果 一覧

40歳元ボクサーが強烈バックハンドでTKO勝利!MMA4団体目のベルト獲得=カナダUNIFIED

2022/06/02(木)UP

40歳ベテランが豪腕振り回す圧巻TKO劇!@UFCFightPassより

 5月28日(日本時間)カナダ・アルバータ州で開催された格闘技イベント『UNIFIED MMA 45』メインイベントのスーパーウェルター級王座決定戦にて、ライアン・フォード(40=カナダ)が、ロバート・ヘイル(29=米国)を圧巻のTKO劇で下し、MMA4団体目のベルトを獲得した。40歳フォードが豪腕を振り回し、バックハンドブローが炸裂するなど、豪快なKO劇だった。

【動画】強烈バックハンドブローが炸裂!容赦ないパウンド連打でフィニッシュ

 フォードはMMAプロキャリア15年間の40歳ベテラン。30戦近い戦績を持ち、キャリア24勝で22フィニッシュ(13KO・9一本)と決定率が高い。元プロボクサーでもあり、17勝12KO7敗とのレコードで強打が自慢だ。これまでMMAではTFC、AFC、WSOFカナダと3つのベルトを獲得し、今回が4つめの団体のベルト挑戦だ。
 対するヘイルは米国MMA団体PFLやLFAにも参戦経験のある若手実力者。現在3連勝と波に乗っている。MMA戦績は11勝5敗。

 試合は1R、中盤過ぎ、フォードが右オーバーハンドの打ち終わり、そのまま右拳を使ってバックハンドブロー!
 ダウンしたヘイルはすぐに立ち上がり、金網際でサイドステップで逃げるが、追いかけるフォードが追撃の右フック!

 再びダウンしたヘイルが逃げようとするも、フォードがバックマウントを取り、そこからパウンド連打!怒涛のパンチを浴び続けるヘイルを見て、レフェリーが試合を止めた。

 1R3分8秒、フォードの圧巻のTKO勝利に会場は大歓声。40歳のフォードが新王者に輝いた。

『UNIFIED MMA 45』
2022年5月28日(日本時間)カナダ・アルバータ州
▼UNIFIEDスーパーウェルター級王座決定戦
○ライアン・フォード(カナダ)
TKO 1R3分8秒 ※パウンド連打
●ロバート・ヘイル(米国)

【勝者 選手データ】(2022年6月1日現在)

ライアン・フォード(40歳= Ryan Ford ・カナダ)
階級:ウェルター級
身長:181cm
戦績:24勝(13KO・9一本)5敗(TAPOLOGY情報参照)

▶︎次ページは【動画】強烈バックハンドブローが炸裂!容赦ないパウンド連打でフィニッシュ

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・”怪力世界一”が豪腕アッパーでKO勝利!相手は大の字で失神ダウン=ポーランドKSW

・【フォト】元UFC美女が自身のセクシーショットベスト9を発表

・蹴った足が”くの字”に骨折!開始わずか20秒で王者を襲った悲劇=豪ETERNAL

・このフェイントはダマされる!振り向きざまのパンチKOに「これはヤラれた」と実況が驚愕=メキシコLUX

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧