TOP > 試合結果 一覧

【ROAD TO UFC】緊急出場・鹿志村仁之助が初回TKO負け、柔術技と意地を見せるもパウンド&ヒジ打ちに沈む

2022/06/10(金)UP

緊急参戦の鹿志村仁之助、善戦するもTKO負け©️UFC

WME-IMG
『ROAD TO UFC』
2022年6月9日(日本時間)シンガポール・インドア・スタジアム
▼ライト級トーナメント1回戦
●鹿志村仁之助(日本)
TKO 1R4分45秒 ※ヒジ連打
〇キ・ウォンビン(韓国)

 鹿志村は柔道から柔術に進んだ20歳で極めの強さを持ち、パンクラスで活躍する4勝1敗の選手。出場選手に欠場が出たため、4日・土曜日にオファーを受け従来はフェザー級だが階級上のライト級で急遽の出場となった。対するウォンビンは15勝7敗でフィジカルと打撃に優れるファイター。

 1R、サウスポーの鹿志村にウォンビンは右インロー、右ミドルでけん制。鹿志村もローを入れ、足元に潜ってヒールホールドを狙うが、ウォンビンは体を回転して極めさせず、パンチを浴びせていく。鹿志村はこれをこらえ再度のヒールもウォンビンが足を引き抜き立ち上がる。

 ウォンビンの前蹴りにタックルに合わせて組みついた鹿志村は、そこから金網際で飛びつき三角絞め。だがウォンビンは極めさせずパウンドを振り下ろす。そしてパスしてサイドにつくとヒジを連打で落とし、ダメージを見てレフェリーがストップした。

▶︎次ページは【動画】鹿志村が肘打ち連打でTKO負けした瞬間

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】6.9-10『ROAD TO UFC』中村倫也、松嶋こよみ、宇佐美正パトリックら参戦=生中継・配信情報

・『ROAD TO UFC』トーナメント1回戦が決定!松嶋こよみら日本人8選手は初戦突破となるか=6.9-10

・【フォト】世界で大人気の”UFCラウンドガール”アリアニー、水着ショットも

・[その日の試合]松嶋こよみが“コリアンゾンビの弟子”に接戦勝利!悲願のUFC契約に向けて準決勝進出

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧