TOP > 試合結果 一覧

戦慄の顔面ヒザ蹴りKO!元プロサッカーのゴールキーパーが秒殺勝利=UFC

2022/06/22(水)UP

戦慄の顔面膝蹴りKO!(UFC JAPAN公式youTubeより)

 6月19日(日本時間)、米テキサス州オースティンで開催された総合格闘技イベントUFCファイトナイト・オースティン』のミドル級マッチにて、元プロサッカー選手と異色の経歴を持つロマン・ドリーゼ(33=ジョージア)が強烈な顔面ヒザ蹴りで戦慄の秒殺KO勝利を飾った。

【動画】元プロサッカー選手が戦慄の顔面膝蹴りKO!

 過去プロサッカーのゴールキーパーだったキャリアを持つドリーゼ。サンボ、ブラジリアン柔術に取り組み、16年にグラップリンング大会のADCCのアジア大会優勝の実績を持つ。

 対するカイル・ドーカス(29=米国)は元CageFuryFCミドル級王者。ブラジリアン柔術黒帯で、キャリア11勝のうち9サブミッションと極めの強い選手だ。

 試合は1R序盤、ドリーゼの左フックがヒットし、ドーカスがダウン。ドリーゼがパウンドを落とすが、ドーカスが金網を利用しながらゆっくりと立ち上がる。
 すると、背後に回っていたドリーゼが少し向きを正面に変えて、ドーカスの顔面にヒザ蹴りを炸裂!

 ドリーゼが崩れ落ちたドーカスにダメおしのパウンドを数発落としたところで、レフェリーが試合を止めた。

 1R1分13秒とわずか73秒の秒殺劇。戦績を10勝(5KO・3一本)1敗とした。この衝撃的なKOを飾ったドリーゼは大会で優れたパフォーマンスを見せた選手に贈られる「パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト」を受賞した。

WME-IMG
UFCファイトナイト・オースティン』
2022年6月19日(日本時間)米テキサス州オースティン ムーディー・センター
▼ミドル級マッチ
○ロマン・ドリーゼ(ジョージア)
KO 1R1分13秒 ※ヒザ蹴り→パウンド連打
●カイル・ドーカス(米国)

【勝者 選手データ】(2022年6月21日現在)


ロマン・ドリーゼ(33歳・Roman Dolidze・ジョージア)
階級:ミドル
身長:188cm
戦績:10勝(5KO・3一本)1敗(TAPOLOGY情報参照)

▶︎次ページは【動画】元プロサッカー選手が戦慄の顔面膝蹴りKO!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【素手ボクシング】顔面流血の“マシンガン”男が逆転TKO!悶絶ボディで最後はサンドバッグ状態に

・【関連動画】120kg巨漢が放つ“死角バックスピンキック”衝撃KO!=UFC

・戦慄の回転バックエルボーで秒殺KO!死角からの一撃で相手は失神=UFC

・ヨガ愛好家の元UFC美女ヴァンザント、水着姿で美脚“逆立ちポーズ”を披露し話題

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧