TOP > 試合結果 一覧

【UFC】ペレイラが“石の拳”で豪快KO!上位ランカーが壮絶ダウン

2022/07/06(水)UP

“石の拳”ペレイラが豪打爆発のKO!(©️GETTY/UFC)

 7月3日(日本時間)米ネバダ州ラスベガスで開催された総合格闘技イベントUFC 276』のミドル級マッチにて、“ポーアタン(石の拳の意味)”の異名を持つアレックス・ペレイラ(34=ブラジル)が豪打爆発のKO劇。タイトル戦間近だった上位ランカーの相手は壮絶なダウンを喫した。

【フォト&動画】ペレイラが衝撃のKO!ストリックランドが壮絶ダウン

 ペレイラはキックボクシング世界最大「GLORY」の元ライトヘビー級&ミドル級世界王者。現UFCミドル級王者のイズラエル・アデサンヤとキックボクシングルールで2度対戦し全て勝利。17年の対戦でKOで下し、“アデサンヤを唯一KOした男”として知られている。

 対するショーン・ストリックランド(31=米国)は元KOTC世界ミドル級王者で同級4位の実力者。強い圧力とジャブ、至近距離での打ち合いを得意とし、現在6連勝とタイトル戦目前まで迫っている。

 試合は1R、ストリックランドはジャブと前蹴りを放ちながら強い圧力で前進。それに対し、ペレイラはミドルやストレートで対抗。ストリックランドが不用意に至近距離に入った刹那、ペレイラの左フックが炸裂!

 グラつくストリックランドに右ストレートで追い討ちをかけると、ストリックランドは吹っ飛ぶようにダウン。レフェリーがすぐに試合を止めた。

 この壮絶なKO劇でペレイラは、大会で最も優れたパフォーマンスを見せた選手に贈られる「パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト」を受賞。

 また、その後のメインイベントで、挑戦者のジャレット・キャノニアを完封し5度目の防衛に成功したアデサンヤが、ペレイラを次期挑戦者に“逆指名”した。

WME-IMG
UFC 276』
2022年7月3日(日・日本時間)米ネバダ州ラスベガス
▼ミドル級マッチ
●ショーン・ストリックランド(米国)
KO 1R2分36秒
○アレックス・ペレイラ(ブラジル)

【勝者 選手データ】(2022年7月6日現在)


アレックス・ペレイラ(34歳・Alex Pereira・ブラジル)
階級:ミドル級
身長:170cm
戦績:6勝(10KO・2一本)1敗
備考:元GLORY世界ライトヘビー級&ミドル級王者
キックボクシング戦績:33勝7敗(21KO)
TAPOLOGY情報参照)

▶︎次ページは【フォト&動画】ペレイラが衝撃のKO!ストリックランドが壮絶ダウン

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・RIZINにも参戦の“ヒョードル2世”が45秒殺KO!容赦ない怒涛ラッシュに相手は何もできず=ロシアURALFC

・【動画】まさにミラクル!那須川天心がトリケラトプス拳から竜巻蹴りで衝撃KOの瞬間!

・素手ボクシングの激闘KO映像集が公開、顔面流血マシンガン男の逆転KO、“ロープにもたれた状態”失神KOなど

・僅か42秒で腕に大怪我のUFC美女、笑顔の負傷報告に「君はタフだ、誇りに思う」とファン感動

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧