TOP > 試合結果 一覧

元UFC巨漢シウバが今度はボクシングでKO負け、僅か2週間で2度のKO負けに心配の声

2022/07/14(木)UP

元UFC巨漢シウバが今度はボクシングでKO負け(Hardcore Boxing公式YouTubeより)

 7月9日(日本時間)、ロシア・モスクワで開催されたボクシングイベント『Hardcore Boxing2』メインイベントのヘビー級マッチにて、皇帝エメリヤーエンコ・ヒョードルを倒した男として人気の元UFCファイター、アントニオ・シウバ(42=ブラジル)がTKO負けした。
 シウバは、わずか2週間の間に2度の試合を行なったが、どれもTKO負け。体調を不安視する声が上がっている。

【動画】元UFC巨漢シウバ、パンチ連打を被弾しレフリーストップになった瞬間

 シウバは6月25日に同じくモスクワで行われたMMAイベントのMMA Series 53』メインイベントに出場。14勝1敗の戦績を持つ強豪オレグ・ポポフのパウンドやヒジを受け続け、左目下を大きくカットし流血。2Rに左カウンターを貰い、TKO負けを喫した。

巨漢シウバが壮絶な失神KO負け!@mma_seriesより

 そして今回、ヴィアシェスラフ・ダトシク(45=ロシア)とボクシングマッチで対戦したが、コーナーで相手のパンチを受け続けてレフリーストップ。2R44秒のTKO負けを喫した。

 米MMAメディアの「MMA Fighting」がこの試合レポートを投稿すると「1ヶ月も経っていない中で2度のKO負け。一体、誰が試合を許可したんだ?」「誰か彼を止めるべきだ」「2週間とは、常軌を逸している」とファンから心配の声。

 ボクシングであれば、KO、TKO負けを喫した選手は通常、約3ヶ月の90日間を経過しなければ、試合に出場することはできない。今回は前戦がMMAルールで今回がボクシングのため、許されたのか。

 15年から過去7年間プロ試合で10連敗(9KO負け)しているだけに、40歳以上の年齢を考えると、その体調が心配だ。

▶︎次ページは【動画】元UFC巨漢シウバ、パンチ連打を被弾しレフリーストップになった瞬間

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・皇帝ヒョードルにも勝利の119kg巨漢シウバが失神KO負け!左フック一撃に沈む=ロシアMMASeries

・【関連動画】120kg巨漢が放つ“死角バックスピンキック”衝撃KO!=UFC

・“中指が逆方向に曲がる”アクシデントでTKO負け!元キック世界王者が痛恨のハイキック失敗=ポーランドKSW

・驚異のマッスルボディを持つ“リアル超人ハルク”、なんと格闘技に挑戦!カザフスタンの怪力男と激突

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧