TOP > 試合結果 一覧

【素手ボクシング】逆転KO…と思ったら“バッティング”ノーコンテストに!スローではパンチ、ファンも怒り

2022/08/02(火)UP

ティエリーは顔面流血しながらも起死回生のパンチを叩き込んだが、まさかのノーコンテスト @bareknucklefc

 7月24日(日本時間)、米国フロリダ州タンパで開催された素手ボクシングイベント『BKFC FN Tampa2』のオープニングマッチは偶発性のバッティングにより、ノーコンテストとなったが、この裁定についてファンの間で物議を呼んでいる。

【動画】ありえないバッティング判定!スロー映像では強烈な左ストレートがヒット

 フェザー級マッチのアレックス・ティアニー(26=米国)とダリック・ゲイツ(米国)の一戦。 
 試合は1R、序盤からゲイツがアグレッシブに攻め数発ティアニーの顔面にクリーンヒット。ティアニーの右目下の頬が大きくカットし流血する。

 しかし、動じないティアニーは笑みを見せながら、足を止めてゲイツと真っ向勝負。お互い至近距離で打ち合うと、突然、ゲイツが右目あたりを押さえながら、後退し膝をつく。

 ティアニーの逆転KOかと思われたが、レフェリーはカウントを取らずにドクターを要請。ゲイツの右目周辺の負傷はティアニーの攻撃によるものではなく、偶発性のバッティングによるノーコンテストと裁定した。

 しかし、スロー映像で確認すると、明らかにティアニーのカウンターの左が完全にゲイツの顔面を捉えており、バッティングでないのが分かる。実況も「ティエリーの左のパンチでゲイツの右目にダメージを与えている。なぜバッティングなのか」と、困惑した様子。

 この不可解な裁定にファンも反応「なぜバッティングと判断したのか」「どう見てもパンチによるダメージ」「彼は勝利を奪われた」と、公式SNSには怒りのコメントが寄せられた。

▶︎次ページは【動画】ありえないバッティング判定!スロー映像では強烈な左ストレートがヒット

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・わずか6秒の秒殺劇!驚異の新人が一撃パンチで無敗の4連続KO勝利=米Combate Global

・【フォト】注目のGカップ”美ボディ”グラドルは何とキックボクシング女子

・NY繁華街で無差別暴行事件が発生も、柔術黒帯の格闘家が犯人を取り押さえる

・【フォト】RIZINラウンドガール卒業の”天然グラマラス”宇佐美なお

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧