TOP > 試合結果 一覧

【DEEP】フライ級GPは村元友太郎、福田龍彌、宇田悠斗、松場貴志が初戦突破!西谷大成は師匠・朝倉未来の敵討ちで涙

2022/09/12(月)UP

フライ級GP一回戦で村元(右)は風我(左)と打撃合戦となった

DEEP事務局
『宗明建設Presents DEEP TOKYO IMPACT 2022 5th ROUND』
 2022年9月11日(日)東京・ニューピアホール

▼第15試合 宗明建設PresentsDEEPフライ級GP一回戦5分3R
〇村元友太郎(ALIVE)
判定5-0 ※29-28×5
●風我(フリー)

クライマックスは3Rのスクランブル合戦。風我(奥)は村元を追い込んだ

 16名参加のフライ級GP。8月に一回戦前半ブロックが終わり、今回は後半ブロック一回戦4試合だ。
勝者は11月もしくは12月に実施される2回戦へ進む。準決勝は来年2月、決勝は続く4月に予定されている。優勝賞金は300万円となっている。
 村元は“北陸の牛若丸”の異名を持ち、スピードを活かしたアグレッシブなファイトスタイルが特徴。今年7月のRIZIN沖縄大会では、BJをパウンド攻撃で仕留めている。

 対する風我はRIZINスーパーアトム級&DEEPJEWELSストロー級王者の伊澤星花を姉に持つ。今年に入りヒロヤ、島袋チカラ、原虎徹を破り3連勝でトーナメントに選ばれた。二回戦に進むのは、どちらになるのだろうか。

風我を抱え上げて落とした村元。テイクダウン数で風我を上回ったか

 1R、互いにカーフで削り合う。村元のパンチに合わせて、風我はシングルレッグに入るが、これは切られる。終了間際、風我の左フック、左ハイキックが入るが、村元は耐えた。

 3Rには風我が再びハイキック!これが軽く村元にヒットして会場がわく。村元はパンチを狙うが、風我はバックステップでかわす。ニータップからテイクダウンを狙う風我。立ち上がった村元はシングルレッグでテイクダウンに成功。以降、テイクダウンをすれば返すなど互いに、一進一退のスクランブル合戦となった。やや村元が有利のまま、勝負は判定へ。5人のジャッジは、ともに村元を支持して、勝敗が決した。
 勝利を収めた村元は「今日は遅くまで残ってありがとうございます。フライ級GPをもっと盛り上げていくんで、2回戦もよろしくお願いします」とコメントを残した。

▶次ページは、福田龍彌vs.杉山廣平、島袋チカラvs.宇田悠斗

●編集部オススメ

・【DEEP】フライ級GP1回戦の精鋭たちの=前日計量

・【DEEP JEWELS】9.11 全試合 結果 速報

・『K-1』9.11 全試合 結果 速報

・【パンクラス】9.11 全試合 結果

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧