TOP > 試合結果 一覧

120kg巨漢が“馬乗り”パンチ連打で大逆転KO!RIZINにも参戦のバーネットが歓喜の勝利=UFC

2022/09/12(月)UP

RIZINにも参戦の120kg巨漢バーネットが大逆転KO勝利!©️UFC

 9月10日(日本時間11日)に米国ネバダ州ラスベガスで開催された総合格闘技イベント『UFC279』ヘビー級マッチにて、クリス・バーネット(36=米国)がジェイク・コリアー(33=米国)に逆転KO勝利を飾った。

【動画】120kg巨漢バーネット、馬乗りパンチ連打KO!

 バーネットは120kg以上の巨体から繰り出すテコンドー仕込みの多彩な蹴り技を持ちMMA23勝で18KOとKO率も高い。日本ではRIZINやIGFでも活躍した人気選手で、昨年5月にUFC参戦しUFC1勝2敗。昨年11月のジアン・ヴィランテ戦は豪快なバックスピンキックKOを披露し、ファンの注目を集めた。

 対するコリアーは元RFAミドル級王者。14年からUFC参戦する重量級の強豪で、MMA13勝のうち9フィニッシュ(5KO・4一本)とこちらも決定率が高い。今年1月のチェイス・シャーマン戦では、リアネイキッドチョークで一本勝ちを飾った。

 試合は開始すぐ、コリアーの右ストレートがヒットし、バーネットがダウン。これで万事休すと思われたが、バーネットはコリアーのパンチラッシュを何とか耐え凌ぐ。

 残り1分半、再びバーネットはピンチに。テイクダウンを奪われると、バックからパウンド連打、チョークとコリアーからの怒涛の攻め。しかし、驚くことに、これもバーネットが根性で凌ぐ。

 左目下も大きくカット流血も止まらず、インターバル中にドクターチェックが入ったバーネット。このまま万事休すかと思われたが、なんと、2Rに入り、コリアーが失速。1Rの2度のラッシュでかなりの体力を消耗した様だ。

 組合いから上を取ったバーネットがコリアーにパウンドを落とす。コリアーは必死に争うも、反撃できず。最後はバーネットが馬乗り状態でパウンド連打!何もできないコリアーを見て、レフェリーが試合を止めた。

 2度のピンチを凌いで大逆転勝利を収めたバーネットに会場は大歓声となった。

WME-IMG
UFC 279』
9月10日(日本時間11日)米国ネバダ州ラスベガス
▼ヘビー級マッチ
●ジェイク・コリアー(米国)
KO 2R 2分24秒 ※パウンド連打
○クリス・バーネット(米国)

▶︎次ページは【動画】120kg巨漢バーネット、馬乗りパンチ連打KO!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・女子キックで“アゴを打ち抜く”壮絶なKO劇!顔面流血の相手は倒木ダウン=ブラジルSFT

・【関連動画】120kg巨漢が放つ“死角バックスピンキック”衝撃KO!=UFC

・【素手ボクシング】ムエタイ伝説ブアカーオ、恐怖のボディブローKO勝利!秒殺負け相手は悶絶で立ち上がれず

・UFCマッスル美女ファイターの“懸垂トレ”映像が話題、逆三角形ボディに「凄すぎる」「美しい肉体」と称賛の声

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧