TOP > 試合結果 一覧

ローキック自爆骨折!蹴ったスネが“グニャリ” 無敗選手を襲った悲劇=ベラトール

フォロー 友だち追加
2022/10/03(月)UP

ローキック自爆骨折!蹴り後にスネが“グニャリ”@BellatorMMAより

 10月2日(日本時間)に米カリフォルニア州ロングビーチで開催されたBELLATOR 286』にて、ローキックを蹴ったスネがグニャリ、さらに着地時にもスネが“グニャリ”と骨折する衝撃のTKO劇が起きた。

【動画】ローキックで自爆骨折!蹴ったスネが“グニャリ”

 足骨折の悲劇に見舞われたのはリチャード・パレンシア(32=米国)。バンタム級のシー・ジェイ・ハミルトン(35=米国)との一戦だった。

 パレンシアはプロデビュー無敗の10連勝と無敗の実力者。前戦となる昨年12月にLFAのバンタム級王座決定戦で勝利しLFAの王者に。今回ベラトール初参戦となった。
 対するハミルトンはキャリア15勝9敗のベテラン。昨年からベラトールに参戦するも2連敗とまだ勝ち星がない。

 試合は2R、サウスポー構えのパレンシアが、オーソドックスのハミルトンの左前足にローキックを放ったが、当たった箇所は腿部や膝裏ではなく相手のスネに。
 蹴った瞬間、グニャリと曲がったスネ。痛みからパレンシアが片足跳びで後方に下がると、その左足を着地させた瞬間、足はグニャリとくの字に曲がった。

 足を抱えながら苦悶の表情を浮かべたパレンシアを見て、異変に気付いたレフェリーが試合を止めた。

 スロー再生を見ると、パレンシアが蹴った瞬間にスネが曲がり、足を着地させ、体重を乗せた瞬間にも足が曲がっているのがわかる。

 スネで受けたハミルトンもかなりのダメージを負ったのか、ケージ内ですぐにアイシングを受けた。

 骨折したパレンシアは、試合場でしっかり足を固定され、最後は担架でケージの外に運ばれた。回復を祈りたい。

Bellator MMA
BELLATOR 286』
2022年10月2日(日本時間)米カリフォルニア州ロングビーチ 
▼バンタム級
●リチャード・パレンシア(米国)
TKO 2R2分12秒 ※足負傷によるドクターストップ
シー・ジェイ・ハミルトン(米国)

▶︎次ページは【動画】ローキックで自爆骨折!蹴ったスネが“グニャリ”

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・皇帝ヒョードル弟が衝撃の17秒殺KO負け!ヘビー級の豪腕パンチで壮絶ダウン=ロシアHCB

・絞め落とされ失神した女子選手の身体が硬直!赤髪ロバートソンが戦慄の一本勝ち=UFC

・UFC人気ウクライナ美女戦士が『PLAYBOY』で大胆グラビアデビュー!鍛えたボディを惜しげもなく公開

・無敗の”モデル”美女ファイター、破壊力あるミット打ちでプロ男性が悶絶!「将来のチャンピオン」と称賛の声

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧