TOP > 試合結果 一覧

【海外ムエタイ】福田海斗、1階級上の現役王者を流血させるも判定負け

2022/10/08(土)UP

1階級上の王者ゴンチャイ(左)と接戦の場面もあった福田海斗(右)

『スックペッティンディー』
10月6日(木)タイ・ラジャダムナンスタジアム 

▼メインイベント(第4試合) 123ポンド契約
◯ゴンチャイ・チャナイドンムアン(タイ/元ラジャダムナンスタジアム115ポンド王者、元『ヨードムエ・ワンソンチャイ』122ポンド王者、現オートーコースタジアム126ポンド王者)
判定3-0
●カイト・ウォーワンチャイ(=福田海斗/キング・ムエ/ IMSA世界スーパーバンタム級王者、元タイ国プロムエタイ協会フライ級王者、元『True4U』スーパーフライ級&バンタム級王者、元WPMF世界フライ級王者)

 タイで活躍を続ける福田海斗(タイでのリングネームはカイト ・ウォーワンチャイ)が10月6日(木)ラジャダムナンスタジアム興行『スックペッティンディー』メインイベントに出場、オートーコースタジアムフェザー級王者のゴンチャイ・チャナイドンムアンと対戦した。

 福田は今年3月にタイのトップ戦線に復帰、初戦ではファープラタンに判定負けしたものの、4月には名古屋でクマンドーイに判定勝利、6月には強豪チャッチャイに判定勝利、7月は若手成長株のペットーとドローとなるも8月の再戦では2R KO勝ち。トップの強豪選手達を相手に今年3勝1敗1分と好成績を収めている。

キックを当てる福田

 当初、9月29日(木)の同興行でローグン ・ダーブランサラカームとの試合が決まっていたが、ローグンのコロナ感染により、対戦相手がゴンチャイ・チャナイドンムアンに変更となった。

 ゴンチャイは2020年1月ラジャダムナンスタジアム115ポンド(スーパーフライ級)王座を獲得、また同年9月には『ヨードムエ・ワンソンチャイ』122ポンド王座も獲得、9月4日(日)にはオートーコースタジアム興行『ムエディーヴィーティータイ+ジットムアンノン』メインイベントでベテランのアピワットと同興行フェザー級王座戦を戦い判定勝ち。ワンソンチャイ系・ジットムアンノン系を代表するトップ選手だ。

 ゴンチャイが1階級上ということと、過去福田が対戦してきた選手よりも格上ということで、試合直前の賭け率は3–2でゴンチャイがリード。ただ、予想されたより差がなく福田に賭けているギャンブラーも多くいたようだ。

 試合は序盤、落ち着いている福田に対し、ゴンチャイが気合満々で左ミドルを強打。インローも混ぜて右ストレート。福田はこれをスウェーでかわし左フックのカウンター。中盤、福田がインローを蹴った際に足が交差して右足を痛めた様子。少々動きがぎこちなくなるがカウンターの奥足ローも決まる。1R終了時は7–4でゴンチャイがリード。

 2R、福田は距離を詰めプレッシャーをかける。ゴンチャイの左ミドルをカットしワンツー、ゴンチャイもパンチを打ち返しヒートアップ。ゴンチャイがボディストレートを打ってくるところに福田の左ヒザがカウンターで決まる。このラウンド終了時で賭け率は依然として3–1でゴンチャイがリード。

 3R、福田がさらにプレッシャーをかけ前進、無数のパンチ・ヒザが交錯する。ゴンチャイも若干押されながらも左ストレート、左ミドルで応戦。福田が縦ヒジを強振すれば負けじとヒジを返す。その中で、福田の縦ヒジがカウンター気味に決まりゴンチャイは流血。ギャンブラーのボルテージが一段と上がり両者にそれぞれ大声援を送る。ここで賭け率がほぼ並び、接戦の様相に。

福田の縦ヒジで顔から流血しながらも、勝利したゴンチャイ

 そして4R、いきなり首相撲に持ち込んだ福田、ゴンチャイをしっかりロックし良い体勢を作る。接近戦では不利と見たゴンチャイはここから距離を取り左ミドルと遠い間合いからの左ストレートで試合をコントロール。ここで福田が若干スタミナ切れと痛めた足が影響し攻撃の手数か減ってしまう状態に。賭けは一気にゴンチャイに流れ、4R終了時で50–1まで開き、福田は圧倒的不利に。

 最終Rはゴンチャイがリングをサークリングして福田の攻撃をいなし試合終了。ゴンチャイの判定勝利となった。

 試合後、痛めた足を引きずる福田に代わり各メディアのインタビューを佐藤会長が受け、「最初にいきなり足を痛めたようで、踏ん張りが効かなくなってしまったようだ。3R、4Rとパンチ・ヒザで勝負をかけるつもりだったが、痛めた足が影響してか勢いが付かなかったね」と総評した。

 とはいえ、関係者からの福田の評価は高く、再戦の話題も出ているようだ。

 福田は10月30日(日)の『Suk Wanchai+Muayded789 MuayThai Super Fight』(東京・GENスポーツパレス)でゴンチャイに勝ったセンソン・エラワンとの試合も決定しており、トップ選手と3週間という短い期間で連戦するという試練を控えている。この興行は『Muayded789』でタイ本国に生中継されるため、センソンも本腰を入れてくるであろう。福田はこの試練を勝利で飾れるか。

●編集部オススメ

・【ムエタイSF】福田海斗が1階級上の強豪タイ人と対戦決定、タイ最強ジュニア軍団も襲来=10.30

・ナイジェリアの過激格闘技「ダンべ」で衝撃KO、失神続出シーンが話題

・天心vs武尊戦のラウンドガール高橋凛、32歳の大胆な写真集にファン歓喜

・中井りん、UFC元世界女王の”ランジェリー”モデル抜擢に「私もやってみた」ファン喝采

・【ムエタイ】IMSA初の世界ランキング発表、スーパーバンタム級王者・福田海斗ら日本人多数ランクイン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧