TOP > ニュース 一覧

【ムエタイ】IMSA初の世界ランキング発表、スーパーバンタム級王者・福田海斗ら日本人多数ランクイン

2022/09/15(木)UP

IMSAスーパーバンタム級世界王者の福田海斗

 昨年11月に発足した国際ムエタイ組織『IMSA』(国際ムエタイスポーツ協会)の第1回目の世界ランキング制定会議が、8月30日(火)タイ・バンコク市内で開かれ、IMSAランキング委員会スパサック委員長立会いのもと、女子も含めた各階級のランキングが制定された。

【フォト】今回発表されたIMSAランキング表(タイ語)

 IMSAでは現在、世界王者として認定されているのは122ポンド(スーパーバンタム級)のカイト・ウォーワンチャイ(福田海斗/キング・ムエ)と135ポンド(ライト級)のワンマリオ・ペッティンディーアカデミー(スペイン)のみで、今後タイを中心として世界各国で世界王座戦が行われていくとのこと。

IMSAライト級世界王者ワンマリオ

 発足して間もないこともあり、各国の査定試合数が充分でないこともあるが、日本人選手が多数ランクインしていることは日本人選手の実力がアップしている証拠であろう。

 特筆すべきはミニフライ級(105ポンド)6位にランクインのコウシ・ウォーワンチャイ(曽我昴史/ノーナクシン東京)。ジュニア49冠王の記録を引っさげ、プロルールでもタイ人選手に勝利を挙げている。また、弱冠16歳の田中恒星(LEGENDジム)がフライ級(112ポンド)の10位にランクイン、現在4戦4勝。こちらも将来を期待されている逸材だ。

期待の若手・コウシ(左)と田中恒星

 今後、世界各国の査定試合が増えランキングの生き残りが激しさを増すが、日本人選手にはランキングアップし長くランキングにとどまっていられるよう、彼らの奮闘を期待したいところだ。

 今回ランクインした日本人選手は以下の通り。

<世界ランキング(男子)>
スーパーフライ級 (115ポンド)9位:コウキ・ウォーワンチャイ(山田航暉/キング・ムエ)
スーパーバンタム級 (122ポンド)8位:イッセイ・センチャイジム(壱・センチャイジム)
フェザー級 (126ポンド)10位:瀧澤博人(ビクトリージム)
ライト級 (135ポンド)6位:レンタ・ウォーワンチャイ(エクシンディコンジムJAPAN)
ライト級 (135ポンド)9位:リク・シッソ―(トースームエタイシンジム)
ライト級 (135ポンド)10位:永澤サムエル聖光(ビクトリージム)
スーパーライト級 (140ポンド)10位:鈴木真治(フジマキックムエタイジム)

<世界ランキング(女子)>
ミニフライ級(105ポンド)3位:狂猫yokko(BRING IT ON)、6位・藤原乃愛(ROCK ON)
ライトフライ級(108ポンド)10位:伊藤紗弥(尚武会)
フライ級(112ポンド)10位:KOKOZ(TRY HARD GYM)
スーパーフライ級(115ポンド)6位:IMARI(LEGENDジム)
バンタム級(118ポンド)6位:ルイ(クラミツムエタイジム)
スーパーフェザー級(130ポンド)5位:KAEDE(LEGENDジム)

▶︎次ページは【フォト】今回発表されたIMSAランキング表(タイ語)

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・福田海斗、右目直撃のヒジ打ちでKO勝利!相手は立ち上がれず担架送りに=8.19タイ

・【素手ボクシング】ムエタイ伝説ブアカーオ、恐怖のボディブローKO勝利!秒殺負け相手は悶絶で立ち上がれず

・三浦孝太、ブアカーオに連打浴びレフェリーがストップ!女性ファン悲鳴「この試合をきっかけに強くなる」(三浦)

・【K-1】元ラジャ王者ジョムトーンが豪快KO勝利、ガードの隙間をハイキックが炸裂

・ONEがムエタイ聖地・ルンピニーで毎週大会を開催決定!日本からの参戦選手決めるトーナメントも

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧