TOP > 試合結果 一覧

【ビッグバン】山際和希が団体史上初のワンデーT制覇!城戸康裕、蹴りで相手の腕を破壊し貫禄のKO勝利

フォロー 友だち追加
2022/11/13(日)UP

FUMIYA(右)がフィジカルを活かした攻撃で初戦突破

▼第10試合 Bigbangウェルター級Explosionトーナメント1回戦 3分3R延長1R
●小川健晴(T.G.Y/Bigbangウェルター級王者)
TKO 延長R 2分48秒 ※出血によるレフェリーストップ
◯FUMIYA(ポゴナ・クラブジム)
※本戦判定は29-28、29-29×2

FUMIYAの右ローキック

 小川は、27歳でプロデビューするまでは益荒男やKRUNCHなどMMAルールの地下格闘技団体で戦ってきた元喧嘩自慢。Bigbangの生え抜きファイターで、現Bigbangウェルター級王者だ。

 対するFUMIYAは水泳のジュニアオリンピック、陸上の関東大会出場など、学生時代はアスリートとして活躍。プロデビュー後には、山際和希をバックブロー1撃でマットに沈めるなど破壊力満点の打撃で戦績を重ね、21年9月には野杁正明とも拳を交えた。

FUMIYA(右)が剛腕で応戦する

 両者は今年1月に対戦しており、その際は小川が左ハイキックでFUMIYAをマットに沈めて、Bigbang王座を戴冠している。

 前日計量にて小川が契約体重を0.6kgオーバー、1時間後の再計量に臨むも計量をクリアー出来ず。Bigbangルール規定により、小川は罰金とグローブハンデで試合に臨むこととなった。

 1R、小川がサウスポーで左ミドル。FUMIYAはローキックを散らしつつ、右ミドルをヒット。小川は攻撃を見ながら、随所で左ストレートを伸ばしていく。

小川(左)はコンパクトなパンチで応戦する

 2R、FUMIYAが左右のローキックを狙い打ち。小川はコンパクトな左フックで攻める。小川の蹴りを交わした、FUMIYAは強烈なボディブローから右ローを強打する。ややFUMIYAのペースになってきた。

 ところが3R、セコンドの指示で小川が距離を詰めるとカウンターのフック、アッパーを立て続けにヒット。FUMIYAはふらつき、棒立ちになる局面もあるが、なんとか立ち続ける。今度はFUMIYAが右フックで逆襲を仕掛けたところでゴング。2者がドローと付け、延長戦へ突入する。

小川が流血でドクターストップ

 延長R、FUMIYAが右のヒザ蹴り、ローの手数を出す。小川は左ストレートを返すが、スタミナ切れからか力がない。小川の顔の出血がひどくなり、ドクターチェック。1度目のドクターチェックは続行となったが、終盤に流血したところでレフェリーストップとなった。

 FUMIYAが小川にリベンジを果たし、山際和希の待つ決勝戦に進出した。


山際(右)が得意な右ミドルを軸に判定勝ち

▼第9試合 Bigbangウェルター級Explosionトーナメント1回戦 3分3R延長1R
◯山際和希(谷山ジム/元Bigbang&Krushウェルター級王者)
判定2-0 ※29-29、29-28×2
●野村太一(K.Bスポーツジム)
※山際が決勝戦へ進出

鋭いパンチを振るう山際(右)

 山際は強烈な右ミドルを武器とする元Bigbang&Krushウェルター級王者。今年9月に都木航佑にTKO負けを喫している。今回のトーナメントで優勝して再起を果たしたいところだ。

 対する野村はプロ無敗の戦績を残していたが、今年6月大会で山際を相手に僅差の初黒星。プロ6戦目で山際を相手に接戦を演じたことが評価され、トーナメントに選出された形だ。

テクニカルな蹴りを見せる山際

 1R、野村が飛び込んでのフックを何度もヒット。山際は落ち着いて右ミドルを強打、野村を誘い込むと右のカウンターをクリーンヒットさせる。

 2Rになると、山際の右ハイやミドルが当たり出す。前に出るのは野村だが、攻撃が単発で終わる。近距離になると、山際はクリンチで連打を許さない。

山際が判定勝利、決勝戦へ進出した

 3Rも同様の展開で、山際が左右のミドルの手数を増やす。野村は「クリンチだよ」とアピールするが、顔色一つ変えない山際は右ミドルで快音を響かせる。野村は左右のフックを振り回すが、山際を捉えることはできなかった。

 山際がジャッジ2者の支持を集めて判定勝ち。ベテランの実力を見せつけて、メインイベントで行われる決勝戦へ進出した。

▶︎次ページは、細越智己vs.梅村直希、そのほかの試合結果

フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【ビッグバン】計量パスの城戸康裕が心理戦「右ハイキックで倒します」

・【ビッグバン】王者・小川健晴が痛恨の計量ミス、FUMIYAはKO宣言=ウェルター級トーナメント

・【ビッグバン】一航が王者・鬼山桃太朗を破り四冠王へ、K-1へ再出撃宣言

・皇治が計量パスも、”メイウェザー刺客”に突き飛ばされ乱闘騒ぎに!「明日ヤバいところ見せる」(皇治)

・【DEEP】ラウンドガールがミニのコスプレ姿!その理由は驚きのアクシデント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧