TOP > 試合結果 一覧

【NJKF】寺西大輝vs井ノ本航希はドロー判定、光太郎と竜輝がヒザ蹴りでKO勝利=11.20京都

2022/11/24(木)UP

寺西大輝vs井ノ本航希のメインはドロー判定

NJKF京都野口ジム
『NJKF2022 west 6th ワイルドウェスト2』

2022年11月20日(日)京都KBSホール

▼メインイベント51kg契約3分3R
△寺西大輝(NJKF田頭道場 / NJKFフライ級7位)
ドロー ※28-28x3
△井ノ本航希(LAILAPS東京北星ジム)

パンチを当てる寺西大輝

 1R、井ノ本が積極的に前に出て攻勢をかける。対する寺西はやや引きながら距離を保とうとする展開。
 1R中盤、寺西が左ストレートをヒットさせるが井ノ本は前プレッシャーをかけてくる。次の瞬間、寺西の左ハイキックがクリーンヒットし、井ノ本がダウン。立ち上がった井ノ本にダメージは少なく見えたがラウンド終盤には寺西の左ストレートがヒット。1Rは10-8で寺西と予想される。

 2R、井ノ本は更に前に出る。下がりながらも寺西が左ストレートをヒットさせる。

蹴りを当てる井ノ本航希

 3R、後の無くなった井ノ本はアタックをかけに行く。両選手引かず、寺西応援団が盛り上がる中、井ノ本のボディストレートと寺西のダッキング気味からのパンチの際、ガチンと音が聞こえるバッティングが発生。寺西が倒れこみレフリーがダウン宣告。寺西陣営はバッティングを訴えるがカウントは断続。寺西が立ち上がり試合続行から終了のゴング。判定は3者とも28-28のドロー。寺西にとっては勿体無い結果となるも、両者の好ファイトに拍手が送られた。


ヒザを放つ光太郎

▼セミファイナル2 62kg契約3分3R
〇光太郎(NJKF誠至会 )
KO 1R 2分28秒
●暖(NJKF健心塾)

光太郎のヒザがさく裂

 セミファイナルは、光太郎と暖によるNJKF westライト級のホープ対決。

 1R、暖がゴングと同時にラッシュを仕掛ける。光太郎もガードを固めラッシュを凌ぐとパンチで応戦。光太郎陣営から的確な指示が飛び、暖のパンチラッシュを首相撲で押さえ込みヒザをヒットさせる。光太郎の首相撲を振り払い暖がアタックするが、首相撲に捕まりヒザを刺される。暖は左右のフックで特攻を仕掛けるが、光太郎は首相撲で捕まえテンプルに左ヒザをヒット。暖が倒れ10カウントを聞く事なく1R決着で試合終了となった。


竜輝のヒザがヒット

▼セミファイナル1 フライ級3分3R
●爽良(NJKF健心塾)
KO 2R 1分15秒
〇竜輝(LEGEND)

パンチを放つ竜輝

 1R 、爽良がキレのあるローキックを数発繰り出す。対する竜輝は不敵な笑みを浮かべながら反撃。パンチ、キックとスピードに勝る爽良だが竜輝もパンチ、ミドル、首相撲と攻撃トータルでは引けを取らない。

 2R 、爽良はアクセルキックなど回転系の攻撃を仕掛けるも不発。竜輝が首相撲でヒザをヒットさせKO勝利を飾った。

▶次ページは全試合結果

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【NJKF】甲斐元太郎が再起戦で91秒TKO勝ち、Jyoseiは田渕神太にTKO快勝

・皇治、1Rで「これはもう無理、根性しかない」「ナイフで刺すようなパンチ」メイウェザーの刺客との激闘語る

・パッキャオ、これがパワーパンチの秘訣か!?試合に向け重いボール”叩きつけ”のド迫力

・“マッスル化”マクレガー、引退のヌルマゴメドフに再戦の挑発!「オマエは逃げ出した、ビビってんのか」

・ミルコ 、マッスルな“激似”息子に腕十字を極められる!デビュー間近か

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧