TOP > 試合結果 一覧

死角からの剛腕フックで秒殺KO!立ったまま失神の相手が“倒木ダウン”の衝撃=ONE

フォロー 友だち追加
2023/02/26(日)UP

死角からの剛腕フックで秒殺KO!立ったまま失神の相手が倒木ダウン©️ONE

 2月24日(日本時間)にタイ・バンコク ルンピニー・スタジアムで開催された格闘技イベントONE FRIDAY FIGHTS 6』にて衝撃の秒殺KO劇が起きた。
 試合開始すぐ、死角から飛んできたフックを顔面に貰った選手が立ったまま失神。まるで木が倒れるようにダウンしたのだ。

【動画】死角から剛腕パンチで秒殺KO!立ったまま失神の相手は倒木ダウン

 KOしたのはボグダン・シュマロフ(26=ブルガリア)。キックボクシング・ライト級マッチのマルワーン・フーリ(25=チュニジア)との一戦。ONE初参戦のニューカマーの激突だった。

 試合は1R序盤から体格差で有利なフーリが前蹴り、ワンツー、ヒザ蹴りを素早いコンビネーションを繰り出すも、シュマロフはフルガードの状態でジワジワと前進。
 すると、シュマロフの撃ち抜くような右がヒット!フーリはダウン。カウント内で立ち上がるもダメージは明らか。

華々しいONEデビューを飾ったボグダン・シュマロフ©️ONE

 再開後、シュマロフがすぐに懐に飛び込み、強いボディを連打。フーリが抱え込んでヒザ蹴りを出そうとするも、シュマロフの強烈な右フックが炸裂!

 死角から飛んできた拳は、見事にフーリのアゴを打ち抜き、フーリは立ったまま失神。そして、まるで大木が倒れるようにダウン。レフェリーが試合を止めた。

 1R1分15秒と、わずか75秒の衝撃的な秒殺KO劇。シュマロフはファイトボーナスも貰い、次回はONE本戦で試合が期待できそうだ。

ONE FRIDAY FIGHTS 6』
2月24日(金・日本時間)タイ・バンコク ルンピニー・スタジアム
▼キックボクシング・ライト級マッチ
〇ボグダン・シュマロフ(ブルガリア)
KO 1R1分15秒 ※右フック
マルワーン・フーリ(チュニジア)

▶︎次ページ【動画】死角から剛腕パンチで秒殺KO!立ったまま失神の相手は倒木ダウン

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・体重差60kg・身長差30cmの“危険すぎ”るMMAマッチ!ヘビー級巨漢とフライ級選手の戦いは驚きの結末に

・ヘビー級刺青スキンヘッド男、顔面流血も、元NFL選手を一撃KO!番狂わせに会場大歓声=素手ボクシング

・素手ボクシング人気の“激闘グラマー”美女、足首”グニャリ”逆方向に!自分で戻しファン悲鳴

・金髪ロシア美女戦士、豪腕パンチKOの衝撃!相手は亀のようにうずくまる=ONE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧