TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】怒涛のアッパー7連発で豪快TKO、世界初挑戦のチューが元王者ハリソンを沈める!次戦は4団体統一王者チャーロが濃厚

2023/03/13(月)UP

チューが得意の右アッパー連打でTKO勝利、無敗で世界暫定王者となった。写真は20年のジェフ・ホーン戦(@timtszyuより)

 3月12日、オーストラリア・シドニーのクドスバンク・アリーナで行われた[WBO世界スーパーウェルター級暫定王座決定戦]で、同級1位ティム・チュー(豪)が、同級4位で元WBC同級王者のトニー・ハリソン(米)を怒涛のアッパー連打でキャンバスに沈め9ラウンド2分43秒でTKO勝利した。チューは世界初挑戦で無敗のまま暫定王者となった。

【動画】怒涛のアッパー連打!恐るべしKOの瞬間

 チューは2ラウンドからアッパーやフックをヒットさせ優勢に試合を進めた。3ラウンドにハリソンがチューをロープに後退させる場面もあったが、ほぼチューのペース。5ラウンドにはハリソンをぐらつかせるシーンもあった。
 そして9ラウンド、ダメージが蓄積し、ガードが甘くなったハリソンに怒涛の右アッパー7連発!ぐらついたハリソンにさらに右フックを叩き込むと崩れていき、倒れぎわにさらに右アッパー!ロープにもたれかかるように倒れたハリソン、レフェリーがカウント8でストップしチューのTKO勝利に。戦績を22勝16KO無敗とした。

 ハリソンは18年に現同級4団体王者のジャーメル・チャーロに勝利し王者になった選手。19年にダイレクトリマッチでTKOで敗退し、チャーロが再び王座についている。このハリソンにチューが勝利したことで、王者チャーロと対戦し十分対抗できることを示しただろう。
 ちなみに今年1月に王者チャーロと1位のチューがWBOの指令で対戦する予定だったが、チャーロがスパーリングで左手を2箇所骨折したため延期に。チャーロの骨折が治った後、対戦が期待される。

▶︎次のページは【動画】怒涛のアッパー連打!恐るべしKOの瞬間

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・カネロの右アッパーで複数骨折、衝撃のスロー映像が話題

・“美しすぎるボクサー”伊藤沙月がTKO勝利、世界へ一歩前進 (2022年12月31日UP)

・KO&ダウン続出、3.12 『K-1』全試合 結果 速報

・ぱんちゃん璃奈、筋トレでマッスル化進む!「毎日ジムに行くのが楽しい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧