TOP > 試合結果 一覧

【ジャパンキック】“JK女王”藤原乃愛が初黒星、撫子が涙のリベンジ!タイのスーパーボーイは一撃のヒジでTKO勝利

フォロー 友だち追加
2023/03/19(日)UP

撫子(なでしこ)が女王・藤原乃愛から大金星をあげ新王者に

ジャパンキックボクシング協会
 『KICK Insist15 第1部
2023年3月19日(日)東京・新宿FACE

▼第7試合 メインイベント ミネルヴァ ピン級タイトルマッチ 3分3R
●藤原乃愛(ROCK ON/ミネルヴァ ピン級王者)
判定0-3 ※29-30×2、28-29
◯撫子(なでしこ=GRABS/挑戦者/同級1位)

藤原が鋭いミドルキックで攻める

 藤原は鋭いミドルキックを武器とし、アマチュアで50戦以上を経験後、21年5月にプロデビュー。昨年5月にミネルヴァ ピン級王者・Ayakaに挑戦すると、フルマークの判定勝利で見事、高校3年生にして王座戴冠を果たした。
 その後は王者クラスを含むタイ人ファイターたちに4連勝。現在10戦9勝1分と、無敗街道を驀進する。

 対する撫子(なでしこ)は戦績9戦6勝2敗1分。藤原とは今回3回目の対戦で、昨年1月にはドローも、3月のミネルヴァ ピン級王座挑戦者決定戦では、藤原にダウンを奪われ判定負けしている。
 その後はKROSS×OVER-45kg王者・松本徐倫などに4連勝し再度藤原に挑んだ。

撫子が始終前に出て攻撃を仕掛けた

 試合では、序盤から撫子が前へ出て積極的に攻撃。パンチから接近戦になれば首相撲など、藤原に手を出させない。藤原も、その突進に前蹴りで突き放し、ローやヒザ蹴りにつなぐなどするが、前進からの組み付きになかなか思うように攻撃できない。

 2Rも撫子は前蹴りから距離をつぶしての打ち合いに出るが、藤原は下がりながらハイキックを打つなど打開策を探る。

藤原の鋭い蹴り技に撫子はしっかりガードして反撃

 しかし、撫子の攻撃は3Rも変わらず。逆に藤原も首相撲から投げ、打ち合いながら上段前蹴りをヒットさせるなど反撃を見せたが、始終止まらず前に出て積極的に攻撃を仕掛けていた撫子が判定3-0で勝利した。

 新チャンピオンになった撫子は、今大会第1部のMVPも獲得した。撫子は勝利者マイクで「藤原選手がいたからこそ、ここまで頑張れた。藤原選手は良きライバルだと思っています。これからも一緒に頑張っていきたいと思います。これからも大きい舞台に立って頑張っていきます」と涙ながらに喜びのコメントを口にした。

▶︎次のページは、第一部セミファイナル、スーパーボーイが流血のTKO勝利

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・無敗のJK王者・藤原乃愛が初V戦、唯一ドローの撫子を迎える「なにがなんでも勝たなくては」

・ぱんちゃん璃奈、水着姿で鍛えたボディ!階級アップ宣言「フィジカルでも勝負」

・武尊がRISEのラジオ番組に出演決定「一緒に格闘技を盛り上げたい」=4.6よる

・”ビキニでハイキック”が話題の安藤京香、次はフィットネスアンバサダー就任で「お尻に自信」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています
」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧