TOP > 試合結果 一覧

【海外MMA】石原”夜叉坊”暉仁、元UFC戦士にチョークでプロ初の一本勝ち!「はじめての寝技で」と報告

フォロー 友だち追加
2023/03/21(火)UP

元UFCファイターの石原夜叉坊Zuffa, LLC (c) / GettyImages (c)

 3月18日(土・現地時間)米カリフォルニア州で開催された総合格闘技イベント『A1 Combat 9』のバンタム級マッチにてで、石原“夜叉坊”暉仁(31=チーム・アルファメール)がリアネイキッドチョークで1R一本勝ちを収めた。相手は元UFCファイターのウィリー・ゲイツ(36=米)で、今回はストライカーの夜叉坊にとって、プロ初の一本勝ち。

【動画】夜叉坊がバックからのチョークでタップを奪う!

 夜叉坊は11年に修斗でプロデビュー。15年からUFCに参戦し、2大会連続KO勝ちなど脚光を浴びたが、18年2月の『UFC221』でホセ・キノネスに敗れて以降、6戦連続(5敗1分)で勝ち星から遠ざかっていた。
 しかし昨年5月、続いて7月と得意のパンチでのKO勝利で復活の狼煙を上げていた。前戦は8月のUFNで判定負けしている。

 相手のゲイツは08年にデビューのベテランで、連勝を重ねた後に14年にUFC参戦し、UFC戦績は1勝3敗だ。しかし15年から7連敗と低迷している。

 試合は頭を剃り上げた夜叉坊と、ドレッドと金髪のひげでヨガの賢者のような風貌のゲイツ。

 ストライカーの夜叉坊がゲイツを何度も倒し、グラウンドの展開へ。ゲイツは早くもスタミナ切れか、どこかを痛めたか、ディフェンスもままならない状態だ。最後は夜叉坊がゲイツを引きずるようにバックを取るとチョークを極める。ゲイツがタップし、1R、残り1分48秒で夜叉坊が一本勝ち。

 これまでMMA戦績は25戦12勝(10KO)10敗3分だったが、これで13勝目。そしてプロ初となる一本勝ちを記録した。

 夜叉坊はSNSで「はじめての寝技(はじめてのおつかい)くらいの感覚で見守ってください」「はじめてのおつかい、上手に終えて、おかん呼んでます」と独特な表現で、初の一本勝ちを喜んだ。
 一時期の連敗を乗り越え、勝ち星の目立ってきた夜叉坊の今後に期待したい。

▶次のページ:【動画】夜叉坊がバックからのチョークでタップを奪う!

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・怪我で欠場中の長野じゅりあ、”ふっくら”ボディ公開で筋トレ「筋肉痛が足りない!」

・【BreakingDown】啓之輔vsジョリーの“因縁”リマッチ決定!全8試合を発表=3.31

・元UFC戦士・石原夜叉坊が復活のKO勝利!ノーガードから渾身の左フックが炸裂=米A1Combat

・ぱんちゃん璃奈、水着姿で鍛えたボディ!階級アップ宣言「フィジカルでも勝負」

・“空手3段”安藤京香が白ビキニでハイキック!大胆に披露

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧