TOP > 試合結果 一覧

【新日本キック】下地奏人、“血まみれ”木下竜輔を下し無傷の7連勝!小林勇人が渋谷昴治を撃破

フォロー 友だち追加
2023/04/23(日)UP

下地(右)が木下(左)からダウンを奪い判定勝利

新日本キックボクシング協会
『TITANS NEOS 32』
2023年4月23日(日)東京・後楽園ホール
▼第8試合 フェザー級3分3R
●木下竜輔(伊原道場本部/日本フェザー級)
判定 0-3 ※三者ともに26-30
〇下地奏人(RIOT GYMライオットジム/RKAフェザー級)

ヒジ打ちで出血した木下は、パンチで逆襲

 前回の2月大会で湯本剣二郎と激突し、2Rに不覚を取った木下竜輔が再起を目指して今大会に臨む。下地は、格闘技イベント「戦場」のリングに上がったことがあるDBS60kg王者。RKAフェザー級として、これまで6戦6勝(1KO)無敗。木下を相手に、どんな試合を見せるのか注目が集まる。

 1R、下地はミドルキック、ローキック、右のパンチと単発ながら力強い攻撃を繰り返す。木下はワンツースリーとパンチをつなぎ。パンチのKOを狙う。下地は落ち着いて対処すると、ボディへのストレート。そして、左ストレートでダウンを奪う。木下が立ち上がったところでラウンド終了。

下地が左ストレートでダウンを奪った

 2R、互いに接近戦で打ち合う。下地は右の縦ヒジで木下の顔面に入れてカット。木下は顔を真っ赤にしながらパンチを返す。下地はボディへのストレートを入れ、ミドルキックでダメージを与えていく。木下は右のパンチを入れる時もあったが、ダウンを奪うことはできない。

 3R、後のない木下は、接近戦に持ち込みパンチを打ち込んでいく。下地はディフェンスし、そしてヒジ打ちを入れる。木下は怯まずに前へ出ていき、右のパンチで逆転を狙う。だが下地のガードは堅く、崩すことができない。そのまま判定となり、下地が木下を下した。

勝利を喜ぶ下地

 勝利した下地は「今回、急遽メインになって感謝しています。ひと皮むけたかな。日本から世界へ行くような選手になります」と挨拶した。

 

▶次ページは、小林勇人vs.渋谷昴治、中村哲生vs.長友亮二、その他の試合結果

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【新日本キック】重森陽太、ラジャ王座獲得ならず!王者の強烈パンチに苦しむも健闘光る、髙橋亨太はTKO勝利で世界王座獲得

・【RISE】宮原華音、KO勝ち後にラウンドガール「こんな幸せな日はない」

・大人気UFCラウンドガール、くびれボディ作りに秘密兵器、汗だくウエスト公開で話題

・世界的人気のロシア美女モデル、“ボディメイクになんと格闘技!”話題に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧