TOP > 試合結果 一覧

【パンクラス】“筋肉モンスター”アキラが久米鷹介を下しライト級統一王者に!中島太一は田嶋椋に完封勝ち

フォロー
2023/04/30(日)UP

アキラ(上)が久米(下)にパウンド攻撃

パンクラス
『PANCRASE 333』
2023年4月30日(日)東京・立川ステージガーデン
▼メインイベント(第14試合) ライト級 王座統一戦 5分5R
●久米鷹介(ALIVE/第7代王者)
判定1-2 ※47-48×2、48-47
〇アキラ(武蔵村山さいとうクリニック/暫定王者)
※アキラがライト級統一王者に

アキラの力強い攻撃

 久米は10歳の時に始めた柔道をバックボーンに、総合格闘技ジム「ALIVE」に入門。アマチュア修斗全日本で優勝して頭角を現し、プロのMMAファイターとしてその名を広めた。パンクラスを主戦場にすると2016年9月の徳留一樹とのタイトルマッチで勝利を収めて王座を獲得。
 前戦は2021年12月の『PANCRASE 325』にて雑賀ヤン坊達也との「ライト級王座統一戦」で一本勝ちし、王座統一と3度目の防衛に成功。今回が1年4ヶ月ぶりの防衛戦となる。

【フォト】これがアキラの“筋肉モンスター”度!

 対するアキラは超人ハルクのような筋骨隆々の肉体を持つ実力者。昨年9月の『PANCRASE 329』で行われた暫定王者決定戦で松本光史にKO勝利し、暫定王座獲得。勝利マイクでは「まだ正規(王者)ではないので、頑張ります」と短く意気込み、正規王者の久米との統一戦に向けて意欲を見せていた。

久米(右)はアキラのバックを奪い一本を狙いにいった

 1R、アキラは久米の出入りに合わせて右を放つ。久米はディフェンスすると、蹴りからパンチのコンビネーションにつなげる。久米の蹴りがアキラに。アキラのパンチが久米に入る。互いに譲らない打撃の展開となる。

 2R、久米の右が入り、アキラの動きが止まる。久米はそのまま組み付き、ボディロック。テイクダウンを耐えるアキラに、外掛けで倒した久米。バックに回り、四の字フック。久米はチョークを仕掛けつつ、パンチをコツコツとアキラの顔面へ入れていく。

 3R、久米は左右のフットワークで揺さぶる。アキラは右のパンチを狙う。久米はヒザ蹴りを狙うも、アキラが組み付いてテイクダウンに成功。パウンド攻撃で久米を追い込む。

 4R、互いにパンチが交錯。アキラは右ヒットさせて、久米がフラフラとしてしまう。アキラは一気にパンチ連打で追い込み、上からパウンド攻撃。左、右とパンチが落されるも久米は抵抗。脱出しそうになるもアキラが力で封じ込み、肩固めも狙う。久米はどうにか難を逃れる。

ライト級統一王者になったアキラ

 5R、追い込まれた久米は、パンチから左ハイキック。組み付くとテイクダウンに成功。アキラは4Rで力を使い果たしたか、抵抗できずに守勢に回る。久米はバックから四の字フックで、チョークを狙いながらパンチをコツコツ落とす。アキラは守るのみ。久米は最後までパウンドアウトを狙うも、アキラが耐える。判定は2-1でアキラ。アキラがライト級統一王者となった。

 ベルトを巻いたアキラは、「久米選手は強かったです。これから僕がパンクラスの歴史を作っていきます。必ずライト級の日本一のファイターになるので、応援をよろしくお願いいたします」と挨拶した。

▶︎次ページは【フォト】これがアキラの“筋肉モンスター”度!

フォロー

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】4.30『PANCRASE』久米鷹介vsアキラ、中島太一vs田嶋椋、女子タイトル戦ほか生中継・放送・配信情報

・【パンクラス】第7代王者・久米鷹介と暫定王者・アキラがライト級王座統一戦で激突=4.30

・【パンクラス】正規王者・中島太一、暫定王者・田嶋椋と統一戦で激突!「同じ立ち位置にするな」=4.30

・【パンクラス】女王KARENが初敗戦を喫したソルト相手に防衛戦決定=4.30

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧