TOP > 試合結果 一覧

なんと柔術黒帯の寝技師が豪腕パンチで一撃KO!相手は“両脚が伸びる”失神ダウン=UFC

フォロー 友だち追加
2023/05/25(木)UP

柔術黒帯の寝技師フェレイラが一撃KO!©️UFC

 5月20日(日本時間21日)に米国ネバダ州ラスベガスで開催された総合格闘技イベント『UFCファイトナイト・ラスベガス 73』にて、柔術黒帯の寝技師が豪腕パンチで強打。受けた相手が両脚が伸びる失神ダウンする衝撃のKO劇が起きた。

【動画】強烈なオーバーハンドで一撃KO!相手は両脚が伸びて失神ダウン

 KOしたのは、ディエゴ・フェレイラ(38=ブラジル)。ライト級マッチのマイケル・ジョンソン(36=米国)との一戦だった。

 フェレイラは元LegacyFCライト級王者。ブラジリアン柔術黒帯を持つ寝技師。14年にUFCに参戦し、ダスティン・ポイエーやアンソニー・ペティスらと激闘を演じ活躍するも、直近の3試合は連敗。1年半ぶりの復帰戦となる。
 対するジョンソンはレスリングベースで11年からUFCに参戦し、21勝18敗の通算戦績を持つベテランだ。

 試合は1Rはスタンド打撃が得意なジョンソンが優勢。寝技に持ち込みたいフェレイラだが、懐の深いジョンソンの中には入れない。

 2R、ジョンソンの早いパンチコンビネーションに下がり気味なフェレイラ。遠目からタックルを仕掛けるも、ジョンソンに上手く対処される。

 苦しい展開だったが、フェレイラが大きく踏み込んで強烈な右オーバーハンドを炸裂!

 ジョンソンは吹っ飛ぶようにダウン。両脚は伸び失神。フェレイラが追撃に向かうと、レフェリーがすぐに試合を止めた。

 2R1分50秒、1年半ぶりの復帰戦でフェレイラが衝撃の一撃KO。この活躍で、優秀なパフォーマンスを見せた選手に贈られる「パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト」を受賞した。

『UFCファイトナイト・ラスベガス 73』
520日(日本時間21日)米国ネバダ州ラスベガス
ライト級マッチ
ディエゴ・フェレイラ(ブラジル)
KO 2R1
50秒 ※右オーバーハンド
マイケル・ジョンソン(米国)

▶︎次ページは【動画】強烈なオーバーハンドで一撃KO!相手は両脚が伸びて失神ダウン

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・まるでロッタンだ!19歳ムエタイ若武者、ブン回し豪打で壮絶KO!デカイ相手を倒木ダウン=ONE

・ヘビー級の”100%フィニッシュ男”、破壊ローキックで吹っ飛ばす豪快KO!巨漢相手は苦悶ダウン=ロシア

・ランペイジ・ジャクソン息子、父親譲りの豪腕パンチでKO勝利!アマ全勝でついにプロデビューへ!=海外MMA

・悶絶の秒殺KO劇!電光石火の三日月蹴りで相手は時間差ダウン=ONE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧